増税以降のコンビニ風景が変わる?--ドリップコーヒーと一緒に菓子パンを

えん食べ / 2014年4月9日 8時0分

写真

店内に良い香りを漂わせるコンビニコーヒー

コーヒーの良い香りに誘われて、今日も筆者はコンビニへ。4月の増税もなんのその、お値段据え置きのコンビニドリップコーヒーには毎日のようにお世話になっています。ところが最近、セブン-イレブンにとある変化があるとの情報が…

・増税後、“パン+カフェ”のセット販売を目指すコンビニ

この変化の正体は、パンコーナーの位置。セブン-イレブン各店では、消費税率が8%へと切り替えられた4月以降、パンの陳列棚をセルフ式ドリップコーヒーマシン「セブンカフェ」の近くへと、徐々に移設を進めているのだとか。また、移設にあたり、お菓子の棚を縮小してパンの棚を増やしているそうです。

お店が狙うのは、カフェとパンのセット買い。現在セブンカフェとパンを一緒に購入する人の割合は、菓子パンが約16%、食事パンが約5%となっていて、同社ではこの倍の割合を目指すとのこと。増税後に節約志向が高まっているとはいえ、確かにコーヒーと相性の良い菓子パンが近くにあると、ついつい一緒に買っちゃうかもしれません。

・お菓子メーカーもパン菓子を売る!?

そんなコンビニの流れを知ってか知らずか、この春、不二屋の人気シリーズ『生ミルキー』とファミリーマートがコラボした2商品を皮切りに、お菓子業界からも続々と本格的なパン菓子が登場しているようです。

ロッテからは、イタリア直送のパネトーネ種で作る本格派伝統菓子「パネトーネ」が、東日本のコンビニ・駅売店で先行販売中。7種の大粒ドライフルーツ入りと大粒のチョコレートチャンク入りの2タイプが楽しめます。価格はどちらも183円(税込)。

最新商品では、あの『チロルチョコ』とコラボした「チロルチョコパン コーヒーヌガー」「チロルチョコパン ホワイト&クッキー」が、4月8日にファミリーマート各店で発売されました。価格はどちらも120円(税込)。チロルチョコでおなじみの2種類の味が、パンで再現されています。

もちろんパン屋さんでも美味しいパンが買えますが、様々なパンとコーヒーが手頃なお値段で買えるコンビニも魅力的。いつもコンビニでコーヒーしか買わない人も、たまにはパン棚の前で立ち止まってみると新しい出会いがあるかもしれません!

えん食べ

トピックスRSS

ランキング