料理写真を SNS に投稿する主婦は何割?--料理にまつわるアレコレを発信する「お料理総研」設立

えん食べ / 2014年9月25日 17時0分

写真

1日の料理にかける時間

サイバーエージェントが運営する手作り料理コミュニティ「ペコリ」が、“料理”にまつわる実態調査やレシピのアイデアなどを発信するコンテンツ「お料理総研」を設立。その第1弾調査として、男女824名を対象に「料理に関する意識・実態調査」を実施しました。

◆昼食にかける金額、500円未満が主婦の常識?

今回の調査内容は、日々の料理における何気ない行動や費用など。まず「1日の料理にかける時間」を専業/有職主婦別に調べたところ、専業主婦は「61~90分」(35%)が最も多い回答だったのに対し、有職主婦は「46~60分」が最も多い30%、さらに短い「31~45分」も24%となりました。有職主婦は、料理における“時短”の意識がより高い様子がうかがえます。

続いて、「昼食(お弁当含む)および夕食にかける平均金額」については、昼食では「500円未満」(68%)、夕食では「500~999円」(46%)がそれぞれ最多となり、この質問においては専業/有職主婦ともに同じ結果になったそう。

◆約7割の主婦が、作った料理写真を SNS へ

また、「作った料理の写真を、ブログや写真共有サイトなどのソーシャルメディアに投稿することはあるか」という質問に対し、65%が「ある」と回答。その目的は、92%が「記録に残すため」、90%が「リアクションが欲しいから」と答えたとか。せっかく料理を作るのであれば、“作って終わり”ではなく、記録やリアクションを得るきっかけにしたいという人が多いようです。

お料理総研では、今後も主婦を中心にレシピのアイデアなどを集めて発信していくほか、料理をテーマとした意識・実態調査を行うことで“より楽しく充実したお料理ライフ”をサポートしていくそうです。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング