「ボージョレ・ヌーヴォー」解禁日に仏伊日の新酒を飲み比べ、川崎クラブチッタ

えん食べ / 2014年11月4日 18時0分

写真

仏伊日の新酒を飲み比べ「ボージョレ・ヌーヴォー パーティー」 (イベント公式ページから)

今年の新酒「ボージョレ・ヌーヴォー」の解禁日は11月20日。これに合わせ、川崎駅近くの「クラブチッタ」で「ボージョレ・ヌーヴォー パーティー」が18時から開催される。10種類のボージョレ・ヌーヴォーが楽しめるだけでなく、今年はイタリアと日本の新酒も味わえる“仏伊日ヌーヴォー飲み比べ”イベントだ。入場料は、前売りだと1,500円、当日だと2,000円。ボージョレ・ヌーヴォー1杯サービス付き前売りチケットは、すでに販売中。

フランスからの“メイン ゲスト”は、ロゼ、赤、スパークリングなど10種類が用意される。180年以上もの歴史を持つブルゴーニュの名門アルベール・ビショーや、1888年創業のアンリ・フェッシなどの“作品”を味わおう。イタリアからは、ノヴェッロ1種類のほか、ビールやカクテルなど。日本からは、山梨のマスカット・ベーリーA を使った数量限定品を含む4種類。

ヌーヴォーはグラスやボトルで飲み比べられる。ソフトドリンクやワインに合うフード類もある。

会場のクラブチッタは、複合商業施設「ラ チッタデッラ」内のライブホール。キャパは1,300人あり、「地域最大規模のヌーヴォー・パーティー」になるそうだ。ライブホールらしく、バンド「浅草ジンタ」の生ライブも楽しめる。

会場の住所は、神奈川県川崎市川崎区小川町5-7。最寄駅は川崎駅(JR 東日本)か京急川崎駅(京浜急行)。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング