スシロー冬の名物「かに祭」で勝手にランキング! ボイル?生?1位は…

えん食べ / 2014年11月21日 21時0分

写真

スシロー「かに祭」で勝手にランキング!

回転すしチェーン・スシローで、冬の人気フェア「かに祭」が11月21日から始まりました。本ずわい蟹や紅ずわい蟹などを使ったメニューが、11月30日まで楽しめます。

毎年大人気のかに祭ですが、今年はどんなメニューが食べられるのでしょう。さっそく食べ比べて、勝手にランキング!えん食べ編集部が選んだトップ3をお届けします。

◆1位「紅ずわい蟹てんこ盛り」

もったいぶらずに1位からいきましょう。1位に選んだのは「紅ずわい蟹てんこ盛り」(180円)。シャリの上にボイルした紅ずわい蟹がたっぷりとのせられた、今年の新商品です。

シャリが見えないくらい積み上げられたずわい蟹の身の上には、カニミソまでのっています。あまりに山盛りすぎて、箸で持ち上げると身が落ちてしまうことも。正直なところ食べ辛いのですが、それほどたくさんのカニを口いっぱいにほおばれる贅沢感がたまりません。大きな口をあけて、何貫でも食べたくなります。

◆2位「生本ずわい蟹」

2位は「生本ずわい蟹」(180円)。大型のずわい蟹だけを厳選しているそうで、生ならではの食感が楽しめます。つるんと口に入った身は甘く、溶けるようになくなります。回転すし店で生のカニを食べられるとは…。

◆3位「本ずわい蟹の味噌汁」

3位は、ほかのすしメニューをおさえて「本ずわい蟹の味噌汁」(180円)がランクイン。カニの脚が入っているだけでなく、肩肉も入っています。カニの殻から出た出汁のおかげで甘みが増して、いつも食べるみそ汁とは違った味わいが楽しめます。

惜しくもランク外となりましたが、「本ずわい蟹の茶碗蒸し」(240円)もオススメ。中に身が入っているだけかと思いきや、身のついた爪がどんと入った上に、鶏肉やかまぼこ、小柱まで入っていました。フェアメニューの中では最も高額ですが、食べる価値はある一品です。

このほか、ずわい蟹の天ぷらが2本のった「かにの天ぷら包み」(100円)、「ボイル本ずわい蟹」(100円)、「かにみそ」(100円)といったメニューも提供されています。ひととおり食べても1,000円ほど。せっかくのフェアなので、カニ攻めもアリかも。

◆オマケ

とはいえ、冬の味覚といえば、ぶりも外せません。特に、サッと表面をあぶった「炙りぶりしゃぶ」(100円)は、口の中でとろける極上の味わい。脂がのった今の時期だからこそ楽しめるメニューです。

かに祭はもちろん、期間限定の「ぶりとろ」(100円)や「あんこう肝」(100円)などもあわせて、冬ならではの味わいを楽しんでくださいね。

※表記価格はすべて税別。

えん食べ

トピックスRSS

ランキング