百田夏菜子の歌声は誰もが応援したくなる マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

エンタメNEXT / 2014年11月6日 7時0分

ももいろクローバーZ『MOON PRIDE』

 西新宿在住のスーパーギタリスト〝マーティ・フリードマン〟が完全ドルヲタ宣言! 三度のメシよりJ-POPが好きという彼が、お気に入りのアイドルソングを鬼レコメンド!! 今回はマーティもギターで参加したももクロの最新シングル『MOON PRIDE』をレコメンド。#12_ももいろクローバーZ『MOON PRIDE』


 知っているかもしれないんだけど、ももクロのシングル『MOON PRIDE』にボクがギターで参加しているんだ。しかもこの曲のプロデューサーのSound Horizon(およびLinked Horizon)のRevoさんとはすでに何回か彼のアルバムで共演済み。そんな勝手知ったる方々とのコラボだったんだよね。実は。

 でもRevoさんとやった曲の中ではこの曲が一番気にいっている。曲全体のテンションが高くて、しかもインテンスでハードでトリッキー。ボクがギターソロを弾いている間奏の部分なんか、もはや変態的なアレンジだ(笑)。

 でも、この曲の一番のキーポイントはやはり声と歌なんだよね。ももクロは歌唱テクニックがめちゃくちゃ高いグループというわけではない。特にレッドの百田夏菜子ちゃんは歌うとき、声を振り絞って歌っている。喉にけっこうな負担がかかっているのではないかと想像するね。

 だけど、この歌唱法が多くのファンを掴む秘訣なのでは? と考えている。少しかすれた声を一生懸命振り絞る彼女の姿を見ていると、すごく応援したくなるじゃん? これはJ-POPの世界で言うと浜崎あゆみさんにも近い印象がある。振り絞る声には、多くのファンを掴む何かが隠されているような気がする……。これは欧米の音楽には見られない〝魔法〟だね。

 ちなみにこの曲のエンディングでは、ももクロが今までの楽曲で体験したことのない、かなり難しいコーラスワークをやっている。ももクロはライブでは普通に歌っていることで知られているけど、このコーラス部分をどう再現するのか? 今からすごく気になるよ。期待したいよね。

(構成・文/尾谷幸憲)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/

entamenext

トピックスRSS

ランキング