吉本実憂 映画初主演! 本人登壇の完成披露試写会も

エンタメNEXT / 2014年11月10日 12時0分

映画『ゆめはるか』で初の主演を務める吉本実憂

 次世代ユニット「X21」のリーダー、若手注目度ナンバーワン女優・吉本実憂が映画『ゆめはるか』で、初主演。

 ある日突然、病魔に襲われた女子高校生が命と真剣に向き合う感動の物語。映画『ゆめはるか』が、12月13日よりヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショーされる。

 第13回全日本国民的美少女コンテストグランプリに輝いた注目の若手女優・吉本実憂が難病に侵された少女・遥を熱演。遥の父親役にはベテラン声優・タレントとして広く知られる山寺宏一、母親役に元フジテレビアナウンサーで、現在は女優としても活躍の場を広げている山村美智、遥の主治医役で大河ドラマ『軍師官兵衛』に出演する鳥羽潤らが共演。監督・脚本は『ゆめのかよいじ』『スターティング・オーヴァー』の五藤利弘が担当している。吉本美優インタビューコメント


ーー映画初出演が主演作となりましたけど、率直な感想は?

「びっくりしたけど、うれしかったです! 主演ということにプレッシャーを感じるというよりも、どこか不思議な感覚があって。不安がありつつも、作品というものは自分一人ではなくて、いろいろな方たちの力が加わって出来上がっていくと思うので〝頑張ろう!〟という前向きな気持ちのほうが強かったです」

ーー役作りで工夫した点はありますか?

「遥が侵される脳腫瘍についてたくさん勉強しましたし、病院見学にも行きました。やっぱり、自分の感覚が大切なのかなと思って、手すりを持って歩いたり、院内をぐるぐる回って空気感や雰囲気を感じ取りたかったんです。遥は肉体的なつらさはもちろんのこと、精神的にも苦しい毎日を送っていたと思うので、少しでも自分の体に染み込ませることができたらいいなと。役作りをする上で参考になったので、いい経験になりました」

ーー劇中ではシリアスな物語が展開されますけど、現場の雰囲気はいかがでしたか?

「本田家の団欒シーンはとても明るくて、撮影の合間もおしゃべりをしたりして楽しかったです。まだそんなに多くの現場を体験していませんが、メリハリがある現場だなと感じました。私自身もどちらかというと、オンとオフを切り替えたいタイプなんです。だから、本番でシリアスなお芝居をしていても『カット!』の声が掛かった瞬間に、気持ちを切り替えていつも明るく元気に皆さんと接しようと思っていました。決して無理に明るくしていたわけではないですよ(笑)。もともと自然に切り替えることができますし、今回の場合は役柄を引きずってしまうと、どんどん重くなってしまうと思ったので」

ーー女優業と並行して、次世代ユニット「X21」のリーダーという顔もありますね。

「女優とグループ活動は表現方法が違うだけで、基本的には変わらないかなと思っています。だから、特別に意識して別の仕事だとは考えていません。グループ活動で学んだことをお芝居に取り入れることもできると思いますし、その逆もありますよね。今年は『ゆめはるか』で映画に挑戦して『獣医さん、事件ですよ』で連ドラ。そして、大河ドラマ『軍師官兵衛』では時代劇と、どれも面白い現場でしたし、女優として充実した一年でした。これからも、レッスンで学んだことを糧に、いろいろな役柄を演じられるように頑張りたいと思います」

 

 そんな『ゆめはるか』の完成披露試写会が今月11月29日(土)にスペースFS汐留(東京・汐留)にて開催。当日は吉本実憂、山寺宏一ほかキャストの登壇も! 人気のアニメ・映画・ドラマなどのauユーザー向け動画配信サービス「ビデオパス」ではこの完成披露試写会に25組50名を抽選でご招待(締め切り11月17日)。

応募詳細は「ビデオパス blog」から。
http://blog.videopass.jp/archives/1012681226.html
誰よりも早く作品を観られるだけではなく吉本実憂本人の口から撮影の裏話なども聞けるこの試写会、この機会にぜひ参加しよう!


■関連リンク
映画「ゆめはるか」
http://yumeharuka.jp/

次世代ユニット「X21」公式Twitter
http://twitter.com/x21jp

ビデオパス
http://www.videopass.jp/

ビデオパス blog
http://blog.videopass.jp/



映画情報
『ゆめはるか』
出演:吉本実憂、山村美智 鳥羽潤/山寺宏一他
12月13日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次公開
配給:べストブレーン
(C)「ゆめはるか」製作委員会

entamenext

トピックスRSS

ランキング