[デスラビッツ]メタルはナメてOK! マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤

エンタメNEXT / 2014年11月20日 7時0分

デスラビッツ『アイドルSTAR WARS』

 西新宿在住のスーパーギタリスト“マーティ・フリードマン”が完全ドルヲタ宣言! 三度のメシよりJ-POPが好きという彼が、お気に入りのアイドルソングを鬼レコメンド!! 今回はBABYMETALの新解釈と言えそうなこのグループをCHECK!!!#14_デスラビッツ『アイドルSTAR WARS』


 先週も書いたことだけど、BABYMETALが革新的だったのはメタルサウンドの上にアイドルの声を乗せたことだと思っている。そして、そのフォーミュラー(規格、形式)はアイドル界のネクスト・トレンドになってきているような気がする……。このデスラビッツを聴いたとき、そう思ったよ。

 デスラビッツは地下アイドルグループ「usa☆usa少女倶楽部」の派生ユニット。最初に彼女たちの『アイドルSTAR WARS』を聞いたとき、本当にびっくりした。だって、男性のデス声のグロール(唸り声)が入ってるんだよ。よくよく調べたらこのデス声の人、プロデューサー兼正式メンバーなんだってね。アイドルユニットにアラフォーの男性が入っているという実に珍しいケースだ(笑)。

 でもちゃんと聴いてみると、これが素晴らしい。男性の邪悪なデス声のあとにかわいくてスウィートなアイドルの声が入ってくる。それがいい対比になっているんだ。10年くらい前にスウェーデンのAquaっていう女性ボーカル+男性ラップのポップユニットがあったんだけど、ジャンルは違えど、それを彷彿とさせるところがあるね。

 しかも歌詞がすごい。ウサギを模した「ピョンピョンピョピョン!」なんてリリックはメタラーだったら絶対に考えない。考えもしない(笑)。

 一部のMETAL OR DIEな人はこれを聞いて批判するだろうね。メタルを馬鹿にしている、と。でもボクは全然OK! メタルって少しくらいナメてかかったほうがいいと思うんだ。

 メタルはすごく幅の狭いジャンルじゃん? なかなか他の要素を入れようとしないので、進化したり、発展したりしにくい。それだとジャンルとしてジリ貧でしょう? ファンだって減っていってしまう。だから、こうやってメタルをジョークっぽくやってくれる人々がいると世界がちょっと広がる。そういう中から新しいメタル像が生まれてくるんじゃないか? ガチメタラーのボクとしてはそう思うんだ。

 デスラビッツはBABYMETALが発信したメタル+アイドルというフォーミュラー(規格)を見事に発展・進化させていると思う。今後に期待だね!

(構成・文/尾谷幸憲)

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。

新番組『アイドルお宝くじ』にナレーション出演中
<O.A.情報>
テレビ朝日/毎週金曜日 26:50~
BS朝日/毎週土曜日 26:30~
CSテレ朝チャンネル1/11月7日スタート・毎週金曜日 24:00~

月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!

【公式HP】http://www.martyfan.com/

entamenext

トピックスRSS

ランキング