1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

映画『東京リベンジャーズ』間宮祥太朗「キサキのような極悪キャラは自分に向いてはいるなと」

エンタメNEXT / 2021年7月3日 0時0分

映画『東京リベンジャーズ』でキサキを演じる間宮祥太朗

映画『東京リベンジャーズ』に出演する間宮祥太朗の独占インタビューがLINEマンガ公式ブログにて公開されている。

LINEマンガでは、6月30日(水)より、映画『東京リベンジャーズ』応援キャンペーンを開催しており、映画に出演する北村匠海・山田裕貴・間宮祥太朗・吉沢亮の独占インタビューが順次公開されている。

第2弾となる今回は、“稀咲鉄太”役・間宮祥太朗のインタビュー。原作を読んだ感想から役作りへのこだわり、撮影現場での秘話までを語っている。

――最初に本作への出演が決まったときの印象を教えてください。

間宮 役者仲間から面白いと聞いて、僕ももともと原作を読んでいたんですけど、実写向きだし、実写化されるだろうなと思っていました。原作の設定ではみんな中学生ですし、もう少し自分よりも若い世代の人たちで実写化するんじゃないかなと。だから、自分に話をいただけるとは思っていなかったですね。

――間宮さんが演じるキサキは、本作の中ではストレートな悪役ですよね。演じる上でこだわったところはどこでしょうか。

間宮 まず、原作のキサキは僕よりも少し小柄で線の細いキャラクターなんですよね。だから、どうしても体つきの部分では、僕はキサキではなかったんですが、僕をキャスティングしていただいた以上、そこに関してはあまり気にしないようにしようと思いました。あと、『東京卍リベンジャーズ』という作品全体には熱いものが流れていて、不良のカッコよさや生き様、そしてタケミチのリベンジという熱い思いが描かれていますが、そこにキサキという異物が混入することによって、例えば魚を食べたときに骨が入っていたような「ん?」と気になる感覚、違和感、不快感というものを、自分が出てくることによって観てくださる方に伝えられたらいいかなと思っていました。なんとなくですが、そういうイメージでやっていましたね。

――ビジュアルがご自分と少し違うと感じていたとのことですが、演じる上ではすぐに受け入れて解釈することができましたか?

間宮 そうですね。受け入れられました。あと、キサキのような極悪キャラは自分に向いてはいるなと思いました。

――極悪キャラが向いていると思うのはどうしてですか?

間宮 これまで役者を12年ぐらいやってきたキャリアの中で、悪役をやらせていただく回数も多かったですし、経験値的にも積んできた役柄かなと。それにどちらかといえば顔も極悪顔に近いのかなって(笑)。だから不安とかはなかったですね。あと、セリフもあまりなかったですし、出演シーンも少なかったので、キサキのまとっている空気感や印象だけを残していけたらと考えていました。

※インタビューは一部抜粋。全文はLINEマンガ公式ブログで公開中
http://manga-blog.line.me/ja/archives/86072424.html

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング