1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

「おニャン子の娘」ゆりあんぬが親の反対を押し切ってアイドルになるまでの18年間

エンタメNEXT / 2021年7月10日 6時30分

ゆりあんぬ 撮影/松山勇樹

元おニャン子クラブの中心メンバー・内海和子の娘で、現在「平成墓嵐」と「西村ひよこと才女たち。」の2グループで活動している現役アイドル・ゆりあんぬ。『有吉反省会』(日本テレビ)や『爆報! THE フライデー』(TBS)に出演し、“整形しまくり”の過去を告白したことでも、話題になった。
母・内海和子から「アイドルにはなるな」と言われ育てられてきた彼女はいかにしてアイドルになったのか? 時折育ちの良さを感じさせる丁寧な言葉遣いを織り交ぜながら、彼女はありのままの自分を話してくれた。(前後編の前編)

【写真】総額800万の整形でも話題、ゆりあんぬの撮り下ろしショット

――母親がアイドルだったことにはいつ気付いたんですか?

ゆりあんぬ 幼稚園です。

――自分で気付いたにしては早いですね!

ゆりあんぬ 私、自分で気付いたんじゃなくて、幼稚園の先生に聞かされて知ったんですよ。先生に「お母さんのCDあるよ」って見せられたのがきっかけで、それで家に帰って「ママってアイドルだったの!?」って聞いたんです。そのときは「何のこと? ちょっと分からない」って言われて。

――はぐらかされてしまったんですね。そのあとネットで調べたりしましたか?

ゆりあんぬ 当時は「まあいっか」って、そこで終わってました(笑)。

――では「おニャン子」という単語を聞いてもよく分からなかった?

ゆりあんぬ 「おニャン子クラブっていうグループにママがいたんだな」くらいでした。でも今思えば、とんでもない方々との個人的な交流があって。たとえば母と一番仲がよかった立見里歌さんが自宅に遊びに来たり、おニャン子再結成みたいなイベントに一緒に行ったときは新田恵利さんのことを「塗り絵の上手じゃないお姉さん」って呼んだりしてて……。今となっては本っ当に申し訳ございませんでしたと思ってます(笑)。

――あとでおニャン子クラブのスゴさを知ったんですね(笑)。

ゆりあんぬ そうですね、当時は“ママのお友達”っていう認識だったので。

――母親同士が話すときって、当時の昔話をしたりするものなんですか?

ゆりあんぬ どっちかっていうと「最近どうよ?」みたいな感じでした。おニャン子ってよく不仲説とかありますけど、母の周り見てると嘘みたいに仲いいですからね(笑)。国生さゆりさんもすごく優しい方で、何度か母と3人でお会いしたことありました。


――母親がアイドルじゃなくても、ゆりあんぬさんはアイドルを目指していたと思います?

ゆりあんぬ はい。母がアイドルだったか否かっていうのは関係ないです。

――AKB48のオーディションに応募したことがあるとお聞きしました。

ゆりあんぬ そうなんですよ。たしか初代神セブンがギリギリいるくらいの頃だったんですけど……書類で落ちました(笑)。あと学校の子と3人で乃木坂46の1期生に応募したこともあったんですけど、そのとき友達は2人とも3次(審査)くらいまで行って、私だけ書類で落ちました(笑)。

――親に相談せずに応募してたんですか?

ゆりあんぬ 母には一切言わなかったです。「(アイドルに)なるな」って言われて育ってきたので、もう口が裂けても言えないと思ってました(笑)。

――そもそもアイドルにはいつから興味を?

ゆりあんぬ 私はもともとアニメやニコニコ動画が生きがいっていうくらい大好きで、2011年から自分で「歌ってみた」や「踊ってみた」を投稿し始めたんです。ニコニコ動画の「踊ってみた」カテゴリーで活動されていた「1年25組」というグループのメンバー何人かが「Magical Ban☆Bang」(現・MAJIBANCH)というグループで活動を始めたのがアイドル好きになったきっかけでした。私が「地下アイドルやらない?」って誘われたのも同時期なんですけど、「ちょうどいい機会だから現場に行ってみよう」と思って(Magical Ban☆Bangのライブに)行ったときに初めてちゃんとアイドルを好きになりました。


――ゆりあんぬさんはセルフプロデュースグループ「劇場版ゴキゲン帝国」(現:劇場版ゴキゲン帝国∞)に所属しました。どういうきっかけでアイドルへの道へと進んだんですか?

ゆりあんぬ 共通の知り合いの美容師さんから、「新メンバーを募集してるっていう話があるんだけど、ゆりあんぬちゃん“踊ってみた”とかやってるしアイドル興味ない?」って言われて。最初は「お話だけ聞いてみます」って感じだったんですけど、プロデューサー(白幡いちほ)と会って話したら「一緒にやっていきたい」って思うようになりました。

――しかし、「劇場版ゴキゲン帝国」は半年で辞めてしまいました。

ゆりあんぬ はい。大学からご通告がありまして、「アイドルをやるか、学校に通うか、どちらかにしてくれ」と。私は小学校から大学までずっとエスカレーター(一貫)の女子校に通っておりまして、かなり厳しい学校だったのでサークルとかも無く、他校のサークルに入るのもダメ、バイトもダメ。服装と髪色も厳しくて、みんなはTシャツにジーパンみたいな感じなんですけど、私は下手したら半分ロリータに近いような服装で通っていたので、よく怒られました。もう先生から即親に電話(笑)。「あの服装とあの髪型はなんですか?」って(笑)。

――大学に入学するタイミングで一気にイメチェンしたそうですが。

ゆりあんぬ 「もうここまで我慢したし、そろそろいいだろう」と思って(イメチェン)しました。ちょうどアイドル始めたばっかりだったので(「劇場版ゴキゲン帝国」の)メンバーにも相談して、「普通の茶髪みたいな子はいっぱいいるから、派手にしちゃったほうがキャラ的にもいいんじゃない?」って言われたのが(派手にした)きっかけでした。

――入学式はどんな髪色で?

ゆりあんぬ ピンクです(笑)。それに姫カット、ツインテール……。もう私だけ内側ピンクのフリフリのスーツ着て。靴も何履いていいか分からなかったから、適当にブランド物のヒールを履いていったら1人だけヒールみたいな(笑)。入学式に行ったら、外部生の子に「学校間違えてませんか?」って言われました(笑)。

――自分が見た目で目立つことは平気なんですか?

ゆりあんぬ そうですね、むしろ目立つのがすごい好きなので。ただ派手ってわけじゃなく、単色で派手とか結構珍しい柄を選んだり、派手なブランドのお洋服をよく着ているので、友達とかには大体「歩く待ち合わせ場所」って言われてますね(笑)。

【後編はこちら】“おニャン子の娘” 破天荒アイドル・ゆりあんぬ「3次元の男性に恋愛感情を持つことがない」

▽ゆりあんぬ
『有吉反省会』(日本テレビ)や『爆報! THE フライデー』(TBS)に出演し、総額800万円の全身整形を公表したことで大きな話題を集める。現在「平成墓嵐」と「西村ひよこと才女たち。」の2グループで活動中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング