AKB48が2年8ヵ月で全国ツアーを完走

エンタメNEXT / 2014年12月28日 17時0分

チームAキャプテン高橋みなみ (c)AKS

 AKB48が27日、宮城・仙台サンプラザホールで「あなたがいてくれるから。~残り27都道府県で会いましょう~」の千秋楽公演を行った。 12年4月6日からスタートしたAKB48の全国ツアー。途中でタイトルが変わりながらも、AKB48が“会いに行けるアイドル”から“会いに行くアイドル”として2年8ヶ月(1060日)、地球一周ぶんを超える4万2273kmを移動して、全国47都道府県を巡り、ついに最終日を迎えた。

 記念すべきこの日の公演には、高橋みなみがキャプテンを務めるチームAが出演。

 冒頭のMCで小嶋陽菜が、「本当にこの日を迎えられてうれしい! やっと終わるから」とらしさ全開のコメントで会場をわかせた。

 地元の宮城県出身の岩田華怜は、地元でやりたかったとこの日のために温めてきた「可憐で華麗な伊達娘」というキャッチフレーズを観客とともに唱和し、「おかえりー!」の声援を受けて涙ぐんだ。
凱旋公演となった岩田華怜 (c)AKS
 最終公演ということでセットリストも変更し、高橋と小嶋の“にゃんみな”コンビは『スキャンダラスに行こう!』をパフォーマンス。

 さらに2人が他のメンバーとともにSDN48の『GA GA GA』を、川栄李奈らが『アイドルなんて呼ばないで』を、入山杏奈らが『ジッパー』を披露すると、島崎遥香は公私ともに仲の良かった卒業生の板野友美のソロ曲『Dear J』を歌い上げた。

 夜公演のラストには、“会いに行くアイドル”として47都道府県の代表メンバーで今年4月に結成されたチーム8のオリジナル曲『47の素敵な街へ』を全員で歌うサプライズも。
“こじゆう”コンビの『スキャンダラスに行こう!』を小嶋陽菜(左)と高橋みなみ(右)でパフォーマンス (c)AKS

先輩板野友美の『Dear J』をパフォーマンスする島崎遥香 (c)AKS
 AKB48グループ総監督も務める高橋は、「3年もかかってしまい、お待たせしたみなさん、本当にごめんなさい。色んなことがあった3年間。たくさんのメンバーも卒業していきましたが、でもそのぶん、たくさんのみなさんに巡り会えたこのツアーは私たちにとって大切な日々となりました」としみじみ。

 続けて、「AKB48が9周年のうちにこのツアーを完走できたことで、来年に繋がると思います。このツアーを通して、メンバーもさらに仲良くなったし、劇場に来られない方も多いと思うので、私たちからこうして会いに行けるというのがこのツアーの素晴らしいところだと思います」と達成感をあらわにした。

 そして、「また会いましょう! 約束ー!!」と最後は全員と指切りして、全国ツアー最終日のステージは幕を閉じた。
指切りで再会の約束をし、全国ツアーは幕を閉じた
(左から)宮脇咲良、小嶋陽菜、高橋みなみ (c)AKS

entamenext

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング