アイドリング!!!13号・長野せりなが突然の卒業発表! メンバーも思わず涙 

エンタメNEXT / 2014年12月28日 21時0分

『ユキウサギ』は長野の代である2期生がメインボーカルを務める

 アイドリング!!!の23rdシングル『ユキウサギ』のリリースイベントが、12月28日のダイバーシティ東京プラザフェスティバル広場で最終日を迎え、そのステージ上で13号・長野せりなが卒業を発表した。 この日のイベントは13時と16時の2回にわたって開催。13時の回では来年3月18日に、6枚目のニューアルバムをリリースすることが発表されていた。

 続く16時の回はニューシングル表題曲『ユキウサギ』からスタートし、カップリング曲の『HoRoRi』(1st IDOLING!!!)や『恋のプレゼンター』(U-18ing!!!)、さらにアイド
リング!!!のウィンターソングの名曲『粉雪が舞う街並みで』を披露。
卒業を発表する長野せりな(中央)
 最後に再び『ユキウサギ』を歌った後、外岡えりかから「今回の新曲で念願のセンターを務めた中の1人、長野せりなからお知らせがあります」と振られた。

 その意味深な振りに、メンバーの何人かは瞬間的に不安な表情を露わにしたが、長野が来年3月28日に渋谷公会堂でアイドリング!!!のライブが開催されることを発表。観客の歓声と共に、安堵の表情へと変わった。

 しかし、無情にも長野の口から〝卒業〟が発表され、歓声は一転、どよめきへと変わる。

「3月28日の渋谷公会堂でのライブをもちまして、アイドリング!!!を卒業したいと思います」(長野)

 伊藤祐奈は口元を押さえて絶句。古橋舞悠や佐藤麗奈、橋本瑠果ら若手メンバーは涙を見せる。この後の握手会の告知をしようとした朝日奈央は、途中で声を詰まらせてしまった。

 卒業後は憧れだった声優の道を目指すという長野。残り3カ月のアイドリング!!!としての活動をしっかりと見届けたい。
同期の三宅ひとみ(左)、酒井瞳(右)も驚きを隠せない

神妙な面持ちの横山ルリカ(左)、関谷真由(中)、尾島知佳(右)

涙が頬を伝う古橋舞悠

目に涙をうかべた佐藤麗奈

同期で同い年、共に今年20歳を迎えた朝日奈央は、声を詰まらせた
■長野せりな卒業発表コメント全文
「わたくし、アイドリング!!!13号・長野せりなはその3月28日の渋谷公会堂でのライブをもちまして、アイドリング!!!を卒業したいと思います。メンバーにもなかなか言えてなくて、ビックリさせてしまったと思うんですけど……(観客から「マジ!?」の声)はい、マジです。13歳からアイドリング!!!でお世話になり、7年間やってきて、失敗もいろいろありましたけど、とても充実した7年間になりました。

なぜ卒業を決めたかと言いますと、アイドル活動をしているうちに新たな「声優さん」という夢を見つけることができました。その夢のためにアイドリング!!!を卒業します。夢に向かって、何か一つ大きな決断をすることはすごく勇気のいることだと思うんですけど、今そういうことに悩んでいる方の背中を少しでも押せるような存在になれたらいいなと思っております。

アイドリング!!!を卒業した後も応援してほしいなんて、図々しいことは言えないんですけど、アイドリング!!!13号である3月まではどうか皆さま応援をよろしくお願いします!



■卒業ライブ概要
アイドリング!!!13号長野せりな卒業ライブ
「ぷにぷに・またね・だいすき」
日時:2015年3月28日(土) 開演時間未定
会場:渋谷公会堂

続報はアイドリング!!!公式サイトにて。
https://idoling.fujitv.co.jp/

■アルバム情報
アイドリング!!! 6thアルバム
「タイトル未定」
2015年3月18日(水)に発売

entamenext

トピックスRSS

ランキング