1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

SUPER☆GiRLS 赤き情熱の5期生・竹内ななみ「スパガの誰にも負けないぐらい頑張りたい」

エンタメNEXT / 2021年9月3日 6時0分

竹内ななみ 撮影/田中健児

今年6月に結成11周年を迎え、7月1日より第5章がスタートしたアイドルグループ・SUPER☆GiRLS。6代目リーダーに就任した阿部夢梨を軸にアイドル界の王道をひた走る彼女たちに、新たに3人の新メンバーが加わった。今回、第5章のスパガをさらにパワーアップするべく仲間入りを果たした新メンバー1人ひとりにインタビューを慣行。まずは“モデル体型の優等生”竹内ななみが登場。その静かなたたずまいに隠された熱い思いを語ってくれた。

【写真】抜群スタイルにも注目、SUPER☆GiRLS新メンバー・竹内ななみ

──6月12日の加入・お披露目から約2ヶ月、活動しての今の実感はいかがですか?

竹内 これまでモデルとして主に活動していたので、人前に出る経験は何度かしていました。ただ、大勢の方に自分が歌って踊る姿を見てもらうのは初でしたので、お披露目からしばらくの間はすごく不思議な気持ちでした。それから何度かリリースイベントやライブへ出演して、私の超絶カラー(ラブリーレッド)を身に着けた方を発見したり、特典会で「いつも応援しているよ」という声を頂いたとき、「アイドルになれているなあ」と思うようになってきました。先輩方は優しくみなさん仲が良く、同期のほのちゃん(萩田帆風)、(田中)想もすごく良い子で、楽屋では常に笑いが絶えないんですよ。本当に未知の世界だったので「自分に合わなかったらどうしよう? しんどくなったらどうしよう?」という不安が加入前はありました。そんな心配が吹き飛ぶぐらい楽しい毎日です。

──もう先輩方と打ち解けていますか?

竹内 はい。中でも、(坂林)佳奈さんとは出身地が同じで、しかも寮も同じなので現場に行くときは私が道に迷わないようにいつも一緒に行動してくれています。真面目で常に気遣ってくださる、私にとって優しいお姉さんです。ただ先輩方から「フシギちゃん」だと聞いていた通りの部分もあって。以前、私が超絶メール(FC会員モバイルメール)を電車の中で書いていたら、佳奈さんが「ちょっと貸して」とスッと携帯を取られ、「今目の前に見えているお店に行って、お酒飲みたいな~」と独特な文を書かれたんですよ(笑)。すぐ消しましたけど(笑)。

──高校2年生の竹内さんのメールで、それはマズイですよ(笑)。

竹内 ウフフ、本当に面白い方ですよね。


──芸能界への興味はいつごろ持ち始めていたのですか?

竹内 保育園のころからです。ずっとモデルさんに憧れていて、よくファッション誌を読むような子でした。その夢は小学校になっても変わらず、小5のときにモデルオーディションに応募して、それに合格してからモデルさんのお仕事を始めるようになったんです。

──アイドルへの興味はいつごろ湧いたのでしょう?

竹内 モデルさんが好きな一方で、よく見ていた『プリキュア』の曲をマネして、家族の前でずっと踊っているような歌と踊りが大好きな子でもあったんです。中1のころからダンスと歌のレッスンを受けるようになり、ちょうどその頃にテレビで見たFairiesさんのかっこよさに憧れ、私も本格的にダンスと歌で頑張りたいと思うようになっていって。そうしたら、中2の時にモデルの子たちとユニット活動を始めるようになるんですよ。

私、すごく緊張しいなのですが、なぜかステージに立って踊る瞬間だけはワクワクが止まらなくなるんです。その踊る姿をファンの方が笑顔で応援してくださる光景を見て、「アイドル、すごくいいなあ」と思うようになっていって。そのタイミングでスパガのオーディションのお話をいただき、「ぜひ!」と、受けました。

──加入約2ヶ月で、アイドル・竹内ななみにしかない、魅力や個性のようなものは見えてきましたか?

竹内 そうですね……個性豊かなスパガのみなさんを見ると私の個性ってなんだろうと思う瞬間があるんですよ。オーディションで「自分の個性や取柄はなに?」と質問されたときも、パッと答えられなかったんです。今もこうして質問されても……パッと出てきません。一応ほのちゃんと想からパフォーマンスを褒めてもらって、先輩方からも「ちゃんと踊れてすごい」と褒めてもらえているので、まだまだのレベルですがもっとパフォーマンスを磨き続けていきたいと思います。

──7月10日開催のイベントで披露した新曲『スイーツ』での竹内さんは、加入1ヵ月未満とは到底思えない歌とダンスを見せていて驚きました。

竹内 ありがとうございます(照笑)。結構負けず嫌いなので、スパガの誰にも負けないぐらいのレベルになりたいと思っています。

──落ち着いた人柄ではありますが、心の中はかなり燃えているタイプなんですね。

竹内 ウフフ、実はそうなんです。「静か」と言っていただくことが多いのですが、学校でははしゃぐタイプなんですよ。よく部活でも、みんなと楽しく走り回っています(ニコニコ)。


──超ハイテンションの萩田さん、妹キャラの田中さんに囲まれた、お淑やかな竹内さんというイメージだったのですが、学校では元気キャラなんですね。

竹内 割と影響されやすい人間なので、みんなが楽しく過ごしているのを見ると私もテンション上がっちゃうんですよ。けど、ほのちゃんと想はマネできないぐらい元気なんですよね(笑)。私はパフォーマンスも勉強も頑張る、真面目キャラを守っていきたいなと思います。

──アハハ!改めて竹内さんから見た萩田さんと田中さんは、どんな子ですか?

竹内 ほのちゃんの第一印象はすごいお姉さんで、「これからこの子に支えてもらうんだろうなあ」と思っていたんです。それがお披露目の日、楽屋で誰よりもはしゃいでいて(笑)。ほのちゃんがいるだけで現場が明るくなりますし、パフォーマンスもしっかりしていて、もっと頑張らないといけないなと思わせてくれます。想は本当に妹キャラで、ライブのリハーサルで私の頭がイッパイイッパイになり「ヤバイ、ヤバイ!?」と焦っていたら、いきなりお腹をポーンと触ってきたり、抱き着いてきたりと甘えてきて(笑)。それで心が落ち着いたりするんですよ。あと、電車に1人で乗れないので、「ななみん、一緒に乗ってくれない?」ってすごく甘えてきて、「本当に1歳下なの!? 可愛いなあ~」とニコニコしちゃいます。

──良い関係ですねえ。いよいよ第5章の幕開けを告げるシングル『WELCOME☆夏空ピース!!!!!』が発売になり、9月20日にはワンマンライブが開催されます。おなじみ『花道!!ア~ンビシャス』に倣い、「宣誓! 私はSUPER☆GiRLSとして」どんな花道を、スパガで歩んでいきたいですか?

竹内 私は歌って踊るのが好きですし、ステージに立つことが大好きですので、これからその“好き”を仕事にしている以上、精一杯頑張りたい。それにSUPER☆GiRLSの11年という長い歴史に恥じぬような、「さすがスパガのメンバーだね」と言われるような人になりたいですね。本当に大きな夢としては武道館に立ちたい。スパガにとっての大きな目標でもありますし、大好きなFairiesさんも武道館を目指す道の途中で活動休止になってしまって。おこがましいですが、その2つの想いを胸に、絶対に叶えたいなと思っています。

▽竹内ななみ(たけうち・ななみ)
SUPER☆GiRLSのラブリー・レッド担当。新メンバーとは思えないパフォーマンス力で加入直後から大注目を集める。最新シングル『WELCOME☆夏空ピース!!!!!』が絶賛発売中。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング