1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

さよならのその先に…NGT48荻野由佳が残したものと、これからのNGT48

エンタメNEXT / 2021年11月6日 6時1分

10月30日に朱鷺メッセで開催された荻野由佳卒業コンサートより

10月30日(土)、NGT48が新潟県・朱鷺メッセで昼夜2公演の単独コンサートを開催した。夜公演は荻野由佳の卒業公演。長らくグループの顔として活躍してきた彼女がNGT48に残したものはなんだったのか。そしてこれからのNGT48はどんなグループに進化していくのか? コンサート翌日に1期生の西潟茉莉奈と2期生の小越春花に話を聞き、2人と一緒に改めて考えてみた。

【写真】予想外のサプライズに思わず涙、荻野由佳卒業コンサートの模様【11点】

     *     *     *

 新潟県で活動をするNGT48だが、もっとも広く知られているメンバーは荻野由佳だ。2017年の選抜総選挙が彼女の名前を一躍知らしめた。投票が始まって間もなく、速報が発表されるのだが、その速報で全国的にはほぼ無名だった荻野が1位を獲った。それはスポーツ紙でも大きく取り上げられるほどのニュースだった。開票結果は5位に終わるも、その後の活動において、総選挙は彼女にとって大きな意味のあるイベントだった。

 そんな彼女がグループから卒業する。西潟茉莉奈は、正式なメンバーになる前から同じ運命をたどってきた盟友だ。

西潟「私は、由佳ちゃんとバイトAKB(2014~15年)から一緒でした。でも、年齢が離れていたからか、当時は全然話す機会がありませんでした。その後、ドラフト会議でNGT48から指名を受けて、同じマンションの隣の部屋に住むことになりました。まだ仲はぎこちなかったけど、ある日、私の部屋に由佳ちゃんがテレビを見に来たんです。見ていたのは『逃走中』でした。でも、お互いに気を遣ってしまって、会話はないまま。私はお茶を出したけど、由佳ちゃんは手をつけることなく、部屋から出て行ってしまいました。まるで、逃走するかのように(笑)。『あの時は気まずくて帰っちゃった』と、笑って話せるようになったのはしばらくしてからでした。由佳ちゃんのお父さんが新潟に来た時、『一緒にお寿司でも食べない?』と誘ってくれたんです。そのお寿司の日からやっとうまく話せるようになりました。そう、キューピッドは由佳ちゃんのお父さんなんです。あれはまだ1期生も決まっていない時期でしたね」

 学年は西潟のほうが3つ上。年下の荻野が先にグループから旅立つことになる。

西潟「発表する前に、私には卒業することを教えてくれました。本人が決めたことだから、背中を押してあげたいと思いました。だから、卒業コンサートは絶対に大成功させたいと思っていました。由佳ちゃんと由佳ちゃんのファンの方にとって、最高の一日になるお手伝いをしたかったです」

 後輩にあたる小越春花は、荻野をこう見ている。

小越「由佳さんは太陽みたいな人です。一番高いところで輝いているんです。そんな明るさに私も影響されて、NGT48に入りたいなと思いました。由佳さんって、オーディションを何回も受けたけど、なかなか結果がでなかったんですよね。そこから這い上がって、劇場でがむしゃらに踊って、ファンの方の心をつかんで、総選挙の速報1位にまでなりました。私はそういうストーリーにも影響されました。いつか私も由佳さんみたいにグループを引っ張れる人になりたいと思わせてくれました」

 10月30日午後5時。功労者・荻野の卒業コンサートが始まった。昼の部とは打って変わって、AKB48の楽曲が並んだセットリストだった。『初日』『僕の太陽』『少女たちよ』『Teacher Teacher』『Only Today』『抱きしめちゃいけない』など……。荻野自身がアイドルに憧れていた頃、こんな曲を踊ってみたいと切望していたものを詰め込んだように見えた。アイドルとして迎える最後のコンサートに悔いを残さないよう、思い切りアイドルを楽しもうとしているようだった。

 1曲だけ、荻野の頭になかった楽曲が組み込まれた。それはアンコールの終盤だった。秋元康氏が荻野のために書き下ろした『私が一番言いたかったこと』という曲だった。

西潟「由佳ちゃんへのサプライズで披露することは決まっていたので、メンバーごとに練習をしていました。コンサートの前日、由佳ちゃんがいない時間を縫って、初めてメンバーで合わせて、本番に備えました。由佳ちゃんはすごく喜んでもいたし、驚いてもいました。翌日、『全然気づかなかった!』と話していました。サプライズも含めて、卒コンは大成功だったと思います。コンサート終了後、由佳ちゃんの待機部屋を訪ねたら、ドレス姿のままお弁当を食べていました(笑)。よほどおなかが減っていたんでしょうね」

 荻野はスピーチで、「私をアイドルにしてくれてありがとう」と語って、ステージを後にした。今月8日、NGT48劇場での公演をもって、荻野はグループのメンバーではなくなる。

 その事実はメンバーに影響を与えている。なぜなら「おぎゆか卒業後のNGT48」と向き合わなくてはならないからだ。

小越「それは嫌でも考えてしまいます。由佳さんのファンの方がNGT48から離れてしまうんじゃないかとか、不安はあります。だから、卒業コンサートでは、『由佳さんが卒業された後のNGT48も推してください!』という気持ちを込めて踊りました」

 コンサートのリハーサル期間中、「おぎゆか卒業後のNGT48」を意識せざるを得ない出来事があった。

西潟「次のシングル発売が発表されましたが、そのMVをコンサートのリハーサル期間中に撮影したんです。その場所には由佳ちゃんは当然いません。由佳ちゃんがいない表題曲は初めてですから、その事実をなかなか受け入れることができませんでした。中井りかちゃんと『なんだか寂しいね……』という話をしていました」

 残酷なようだが、時計の針は止まってくれない。次のシングルで、あるいはその他の活動でおぎゆか後のグループ像を示す必要がある。

西潟「グループの顔だった由佳ちゃんが残してくれたNGT48を私たちが全体で盛り上げていかないといけないと思っています。そのためには1期生が後輩にアドバイスしていかなくてはいけません。これまで以上に自分の経験してきたことを伝えて、手を差し伸べられる存在になりたいです」

小越「前作の『Awesome』でセンターに立たせていただいて、自分の意識が変わりました。今までは自分のことを中心に考えていたけど、今ではグループ全体のことを考えることが増えました。ひとつ言えるのは、みんなの気持ちを揃えるということです。活動していくと、いろいろな気持ちになるものです。でも、グループが大きくなるためにNGT48がどうなりたいか、みんなが同じ気持ちになることが大事だと思います」

 では、どんなグループになりたいのか。そう訊ねると、2人とも言葉を詰まらせた。その像はまだ具体化されていないということだ。その像を見つけることが、「おぎゆか卒業後のNGT48」を前進させることになる。

【あわせて読む】NGT48荻野由佳が語る卒業への思い「アイドルとしてやり残したことはありません」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

10秒滞在

記事を最後まで読む

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください