1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

二刀流アナウンサー・塩地美澄、39歳でもグラビアを続ける理由

エンタメNEXT / 2022年6月26日 6時1分

塩地美澄 撮影/山田健史

元秋田朝日放送アナウンサーで、フリーアナウンサーの塩地美澄。頭脳明晰でバラエティ番組などでも活躍するトーク力を有しながら、局アナ時代から注目を集めていたスタイルを活かし、グラビア界でも抜群の人気を誇っている。しかし現在の活躍にいたるまでの道のりは、決して平坦ではなかったという。彼女の原点と現在地、これからを語ってもらった。(前後編の後編)

【写真】真っ白ワンピースを着こなした塩地美澄 撮り下ろしカット【6点】

──上京してグラビア活動をするようになってから、お仕事は順調に増えていったんですか?

塩地 実はグラビアのお仕事がなかった期間が1年半くらいあるんです。「今はしゃべりで頑張れよ」という事務所からの愛情だったんじゃないかなと思っていましたが、当時はそれも難しくて、本当に大変でした。

──その期間はどんなことをされていたのでしょうか。

塩地 ありがたいことに給料制だったので、食べていけないわけではないんです。でも、自分でお仕事を作れているわけじゃないのに固定でお給料が入ってきていたから、甘えてしまっていたな、とも思うんです。もう少し勇気を出して、なにかアクションを起こすべきだったんじゃないかな、と。体型も維持できていなかったし、意識が足りていなかった。「このままずっと給料がもらえるわけない」とは自分でも思っていたので、1年半経ってやっと「次の段階に行こう」と考えて、「起業をしよう」と考えたんです。

──起業を。

塩地 今思うと絶対無理だったんですけどね。その準備も全然していなかったので。でも、当時の事務所の社長に「辞めます」と伝えたら、社長から逆に謝られてしまったんです。「ウチがちゃんと売り込んだらもっと仕事があるはずだった。ごめんね」って。面食らってしまいました。それから今の事務所に所属しました。



──そんな経緯があったんですね。

塩地 塩地 業界を辞める覚悟だったけど、そういわれたら「もうちょっと頑張ってみようかな」と、しがみつかせてもらいました(笑)。

──起業への思いは?

塩地 今の事務所の社長にも起業の話はずっとしていて、OKはもらっているんです。全然具体的ではないんですが、父の死がきっかけで、シニア層に向けたビジネスをやりたいなと思っています。でもコロナ禍になってしまって、計算違いでした。歩合制になったので金銭面でもまた大変でしたが、今ではありがたいことに、グラビアで食べていけるくらいにはなりました。

──もともとはアナウンサーに憧れていたということでしたが、グラビア活動が増えていることに関してはご自身でどう感じていますか。

塩地 仕事の分量としては、アナウンサー業が5割を超えていたいなという理想はあります。けど、ライバルもいっぱいいるし、すごく厳しい業界じゃないですか。そんな中で自分の理想通りになるとはそもそも思っていないんです。今の状況にはすごく満足しているし、グラビアで良いお仕事をさせてもらって、テレビにも出させてもらっているのはほとんど理想に近いです。



──“2刀流”であるがゆえの苦労や、周囲の偏見などはありませんか?

塩地 最初の頃は、グラビアの方たちには「アナウンサーの肩書き利用して」って、アナウンサーの人には「そんなに肌を露出して」と思われているんじゃないかなと、自分で勝手に感じてしまっていました。でも今は、そうは思わないです。向き合う姿勢って伝わると思うんです。中途半端だったら「この領域には来てほしくない」と思われることもあるかもしれませんが、今は活動を続けてきた年数と向き合う姿勢で示すことができているのかなと思っています。

──稀有な存在だからこそ、悩みがあっても、相談相手を見つけることが難しい気もします。

塩地 お金のことも、結果が出せないことも、人間関係の悩みも、全部自分が一生懸命やっていれば解決できることだったので、悩んでいることを人に言ったことはあまりないかもしれません。苦労するのは自分でわかっていたことだから、ただの愚痴になってしまうなと思っていました。自分で決めたことだから、相談はしにくかったですね。自分の悩みを具体的に打ち明けるとかじゃなく、活躍されている方になるべくお会いしてお話を伺っていたら、いつの間にか前向きになれた、ということが多かったです。自分が小さいことで悩んでいるように思えるんです。東京って才能が集まる町じゃないですか。悩みも吹き飛びますよね。

──今後もグラビア活動は続けていきますか?

塩地 グラビアで食べていくことって、見てくれている方の声にお答えすることだと思うんです。たとえば結婚したり子どもを産んだりしても、美意識を保つきっかけにもなるお仕事なんですよね、グラビアって。自分が表現できて、刺激を与えられるのであればお仕事として成り立つと思うんです。今まで私は男性向けのグラビアが多くて、女性の方への訴求ができていなかったと思うので、将来も新たなフェーズでグラビアをやってみたいなという思いも漠然とあります。

【前編はこちら】二刀流フリーアナウンサー・塩地美澄、「最初は嫌だった」グラビアデビュー秘話

▽塩地美澄
元・秋田朝日放送の人気アナウンサーで、2014年からフリーで活動。現在はアナウンサーとしてだけではなく、バラエティ番組のほか、写真集を出すなどグラビア界からも熱い注目を集めている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

ミッション中・・・

10秒滞在

記事を最後まで読む

デイリー:参加する
ウィークリー:参加する
マンスリー:参加する
10秒滞在

記事を最後まで読む

次の記事を探す

エラーが発生しました

ページを再読み込みして
ください