Juice=Juice宮崎由加&植村あかり&金澤朋子「さよなら、たくさんの幸せをくれた場所」

エンタメNEXT / 2019年6月17日 10時40分

5日に最新シングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』をリリースしたJuice=Juice。そんな彼女たちにとって大きな変化となるのが、6月17日に行われるリーダー・宮崎由加の卒業コンサートだ。実力派として名高いグループを約6年、優しく支え続けたリーダーが歩んできた軌跡を、初期メンバーの植村あかり、金澤朋子とともに振り返る。
──宮崎さんの卒業まであとわずかとなりましたが、そろそろ実感は湧いてきましたか?

宮崎 先日からちょっとずつ湧いてきました。意識しないようにしていたんですけど、『25歳永遠説』のMVを観させていただいてから、「あ、実感しちゃったかも……」って。あとは、4月から始まったライブツアーで、ファンのみなさんの顔を見たらぐっときちゃいしたね。そういうときは息を止めていました(笑)。

金澤 何で(笑)?

宮崎 1回泣き出したら止められないから、息と一緒に止めていたの(笑)。

──今回はグループの結成から振り返っていきたいなと思うのですが、結成当初のことって覚えていますか?

金澤 うーん、あんまり覚えてないかも。唐突だったので、「びっくりしました」としか言えないんですよ。

宮崎 取材を受けるたびに薄い思い出しか言えなくてびっくりするよね(笑)。うえむー(植村)なんてまだ14歳だったっけ?

植村 うん。本当に何にも覚えてない。

金澤 そんなに(笑)?

植村 赤ちゃんのときのことって覚えてないでしょ? そんな感じ(笑)。

──みなさんは経験値が少ない段階での加入でしたが、宮本(佳林)さんと高木(紗友希)さんは結成時点でハロプロ研修生としてかなり経験を積んでいましたよね。

宮崎 2人はグループに選ばれるまでが長くて辛くて大変だったと思うんです。でも私は私で、何もできないのにグループに入っちゃった辛さがたまらなくて。どうして私を選んだのって、怒れないけど怒りたくなるくらい(笑)。でもファンの方には関係ないことだから、ずっと必死でした。

植村 私はりんちゃん(宮本)が朋子に「敬語はやめて」って何回言っても、なかなか敬語が取れなかったのを覚えてる。今となってはもう敬語で話していたなんて思い出せないけど(笑)。

金澤 私もその頃の自分が思い出せない(笑)。佳林ちゃんと紗友希は私より年下なんですけど、研修生としては大先輩なので、そんな2人とグループを組むなんてっていう不安もあって。歴の違いが著しく出てくるタイミングもあったので、私たち3人だけでダンスレッスンを受けたりもしましたね。喧嘩するくらいの話し合いをしたこともありましたし。

──そんなことが! その話し合いは、どういった内容だったんですか?

金澤 ダンスの先生から、誰ができる・できていないじゃなくて、それぞれが自分のことに必死すぎて、グループとして向いている方向性がバラバラって言われたんです。そこで、まとまらなきゃいけないねってことで初めて話し合いをしたんです。

宮崎 全員で確認すれば済む問題も、そうやって確認するっていう方法や選択肢があることにも気が付かなかったんですよ。だから、お互いに思っていたけど伝えられてなかったことをそこで言い合って。それが、2014年の年末くらいですね。

植村 そのときの話し合いは、今にも繋がっているよね。



──2015~2016年にかけては、武道館公演開催に向けて、225公演(「LIVE MISSION 220」ツアー+追加5公演の計225公演)を完遂しました。

宮崎 そのときはほぼ毎日ずっと一緒にいたので、みんなのいいところも悪いところも見えるようになりました。お互いに認め合えたり、助け合えるようになったのはこのツアーがあったからですね。

植村 この頃はリハーサルよりも本番が多かったから、やっていくうちに気付くことが多かったよね。

金澤 うん。メンバーの変化も間近で感じるしね。例えば、ダンスのフリーの部分って、ある程度みんなの動きが予想できるんですけど、それをいい意味で裏切られたときに焦りを感じて、自分もやらなくちゃって思ったりするんですよ。

──それが、実力派グループと言われる今に繋がっていくんですね。

金澤 私、実力派って言っていただくのが実はちょっと恥ずかしくて。というのも、自分はグループの足を引っ張っていると思うんです。だから、そう言っていただけることに、罪悪感みたいなのがずっとあって……。みんなに比べて、研修生の歴も短くて基礎ができてない自覚があったので加入後、実はこっそり個人レッスンを増やしてもらっていました(笑)。

──金澤さんはデビュー当初から堂 々としたパフォーマンスをされているので意外です。

金澤 いやいや、一番プレッシャーに弱いと思います。よく間違えるし(笑)。

植村 確かに、本番前に一番プレッシャーを感じてそうだなって思うのは朋子かな。でも、間違え度合でいうと、大胆に間違えるりんちゃんが目立つから(笑)。

宮崎 りんちゃんは本当に大きくやらかすタイプ(笑)。でも、あれがまた味だよね。



──そして、ずっと5人で活動してきたみなさんにとっての大きな出来事として、2017年に後輩が加入したことがあるかと思います(梁川奈々美=2019年卒業、段原瑠々)。振り返ってみると心境としていかがでしたか?

宮崎 もし新メンバーを入れないまま活動していたら、いずれ解散という形もあったかもしれないので、これでこれから先もずっと続いてくグループになったんだと思うとワクワクしましたね。しかも、そのワクワクをさらに大きなものに変えてくれるくらい、本当に素敵な魅力を持った2人で。7人になったことは私たちを改めて知ってもらえるきっかけになったのかなって感じています。

植村 最初は2人を同じメンバーっていうふうには見られてなかったんですけど、いつの間にか私にとって日常に当たり前にいる存在になっていて。大事なものが増えたんだなって、今はすごく思いますね。

金澤 ずっと5人だったので、抵抗がなかったと言ったら嘘になるんです。でも、2人が入ってくれたことで、5人だけで完結していたものに厚みが増したし、いい意味でプレッシャーを感じました。だって、あまりにもできすぎた後輩だったので(笑)。

宮崎 まなかん(稲場愛香、2018年加入)もできた子だしね。

植村 トークもダンスも全部できちゃうもんね。私たち、トークがすごく苦手で、今までのコンサートではMCコーナーがなかったんですよ。でも今回のツアーでは頼もしい後輩のおかげでMCコーナーがあるんです(笑)。

宮崎 それまではライブのいい流れが私たちの怪しいトークで一瞬止まっていたんですよね(笑)。それで、とにかくMCを減らして歌おうっていうスタンスのコンサートが多かったんだと思うんですけど……。

──だからよりストイックに見えるんですかね?

金澤 あ、そうかもしれない(笑)! 結局、逃げていただけなんですよ。

植村 そうしたらそっちが強みみたいになっていたね(笑)。



──そして去年12月に宮崎さんが卒業を発表しましたが、それを聞いたときのお2人の心境は?

金澤 それが、突然じゃなくて、じわじわと聞いていたんですよ。

植村 うん、いきなりではなかった。

宮崎 私が秘密にできないタイプなので(笑)、メンバーには思っていることを何でも言っちゃうんです。だから、驚きって感じではなかったのかな。

金澤 心構えはちょっとできていたかも。でも、それまでは「いつくらいがいいかな?」って、妄想トークみたいな感じだったんです。だから冗談っぽく返していたんですけど、この日に卒業が決まりましたって聞いたときはドキッとしました。……もう、あとちょっとなんですよね。

──リーダーがいなくなるっていう部分でも大きいですか?

金澤 そりゃあ、大きいですよ~!

植村 でもそこは朋子がさ。

金澤 え? 何を言ってるの(笑)?

植村 由加がいなくなったら、きっと1つずつ役割がズレるじゃない? だからサブリーダーの朋子がこれからは頑張るのかなって。

金澤 まあ、焦りますよね。由加ちゃんが毎回ライブのたびに会場名を言ってくれているのも、「それ私が言うのかな、間違えたらやばいな」ってプレッシャーを感じたり、任せっきりになっていたことに反省したり。こういう取材でも、最後に一言ってときは大体由加ちゃんが言ってくれるんですけど、「これからは誰が話すんだろう?」って。やっぱりうえむー?

植村 なわけあるかい(笑)!

宮崎 日ごとに決めておいたらいいんじゃない? 今日はうえむーが担当だからねって。

植村 やだやだやだ(笑)! もう取材の日こない!

──それは困ります(笑)。リーダーならではの仕事ってあるんですか?

宮崎 大人の方に意見を言うときは、代表者として私のことが多いですね。曲の流れだったり、ステージでの魅せ方とか、実際にステージに立っているからこそ分かる感覚があるんですよ。

植村 でも、由加がいなくなったあとは私がやりたいと思います!

金澤 大丈夫かなあ(笑)。



──アンジュルムの和田彩花さんの卒業や、後輩グループのデビューなど、今年も変化の多いハロプロですが、その中で今後のJuice=Juiceはどうなっていくと思いますか?

宮崎 ハロー!プロジェクトのグループはそれぞれいいところがあるから、ライバルっていうよりもみんなで盛り上げていけたらいいなって思うんです。その中でもJuice=Juiceはパフォーマンスに対して熱い想いを持っているし、みんなめちゃくちゃ負けず嫌いなので、そのままの“Juice=Juice道”を貫いてほしい!

金澤 人数が8人から7人になって、今度は6人になるので、すごく減ったように感じると思うんです。実際、これまでいたメンバーがいなくなる穴ってすごく大きいんですよ。でも、そこを無理にリカバリーするよりも、自分たちらしさをもっと出して、6人のJuice=Juiceはこうだよ! って見せていきたいですね。

──最後に植村さん、お願いします。

植村 なんで先に話しちゃったの?

金澤 大事なことは最後にね(笑)。

植村 も~! 私にとってはJuice=Juiceってどこを向いてもすごい子たちばっかり。だけどそのわりにマイナスに考える子が多くて。私はメンバーが大好きだから、みんなにはもっと強気でいてほしい。全員がポジティブに考えていけたら、グループのあり方が変わると思うんですよ。……私、6年間やってきた中で、リーダーとサブリーダーと一緒に受ける取材が一番苦手なんですよね。今日もそうでしたけど、由加って今までの出来事がすんなり出てくるじゃないですか。

金澤 本当、よく覚えているよね。

植村 でもそれも、リーダーだからじゃなくて、由加だからなんですよね。私も今日からは「これは何年のこと」ってパッと言えるくらい記憶していきたいです!

──今後、Juice=Juiceの歴史と意見係は植村さんの担当ということで!

金澤 これから楽しみ(笑)。

▽宮崎由加(みやざき・ゆか)
1994年4月2日生まれ、石川県出身。O型。ニックネームは「ゆかにゃ」。Juice=Juiceリーダー。2012年に「第2回FOREST AWARD NEW FACE オーディション」に合格、同年『SATOYAMA movement』の企画ユニット・GREEN FIELDSとしてデビュー。その後Juice=Juiceのオリジナルメンバーに選ばれた。6月17日に行われる武道館公演にてJuice=Juiceを卒業する。

▽植村あかり(うえむら・あかり)
1998年12月30日生まれ、大阪府出身。O型。ニックネームは「あーりー」。2012年にハロプロ研修生に加入、2013年にJuice=Juiceのオリジナルメンバーに選ばれた。

▽金澤朋子(かなざわ・ともこ)
1995年7月2日生まれ、埼玉県出身。B型。ニックネームは「かなとも」。Juice=Juiceサブリーダー。2012年に「DAM★とも カラオケコンテスト」にて最優秀賞を受賞。その後「OCEAN MUSIC AWARD新人発掘オーディション2012」を経てハロプロ研修生に加入。2013年にJuice=Juiceのオリジナルメンバーに選ばれた。

▽Juice=Juice最新シングル『「ひとりで生きられそう」って それってねえ、褒めているの?/25歳永遠説』
6月5日(水)発売

3人の座談会は前ページまでで終わりだが、こちらのページではボーナストラックとして、植村あかり、金澤朋子が宮崎との思い出を振り返る一方、宮崎がグループ結成から卒業までの約6年の間にもっとも怒ったメンバーを最後に暴露する。

▽植村あかりの宮崎由加との想い出
「『LIVE MISSION 220』で私が欠席したとき、他のメンバーによるとその日、由加に元気がなかったらしいんですよ。別に体調が悪いわけじゃないのに(笑)。そんなこともあるんだなと思ったら、由加が休んだときに私も体調が悪くなって。場位置的にもシンメになることが多いし、一緒の歌割りも多いけど、こんなところでもリンクするんだなってびっくりしましたね。普段もいきなり一緒に歌い出したりするのが日常茶飯事で。でも最近はどうだろう?(金澤『あるよ! 急に同じことを言い出したり、同じ歌を同じフレーズから歌い出すから、私たちがびっくりする』)そうなんだ! 気付いてなかったけど、あるみたいです(笑)」

▽金澤朋子の宮崎由加との想い出
「やなちゃん(梁川奈々美)が卒業するときに、やなちゃんと由加ちゃんと私でごはんを食べに行ったんです。そしたら由加ちゃんがとにかく心配して、『本当にこのタイミングでいいの?』って泣き出しちゃって(笑)。もう泣き方がすごいし、思いに口が追いつかないしで、だんだん何を言っているか分からなくなって(笑)、「由加ちゃんはこう思っているんだよ」ってなぜか私が通訳をして。お母さんみたいだなって横で見守りながら、私はずっとポテトを食べていました(笑)。新メンバーが入ったときや振り付けの確認でも、一番メンバーとの意思の疎通を図ろうとしてくれるのが由加ちゃん。メンバーへの思いが人一倍大きい、優しいリーダーです」

▽リーダーならでは! 宮崎由加が一番怒ったメンバーは…
「メンバーに怒ったこと……。思い返してみてもほとんどないですね。強いて言うならば、植村あかりちゃんだけ(笑)。うえむーが15歳くらいの頃、鼻血が出ることが多くて、その鼻血で事務所の洗面台を血まみれにしたままどこかに行っちゃうことがあったんですよ。出ちゃうのは仕方ないんですけど、そのままにしておいたらみんながびっくりしちゃうから、自分で汚した場所は自分でキレイにしましょうって怒りました。他には、電車の中では静かにしましょう、メイクは電車でしません、食べ物はボロボロこぼさないように気を付けましょうなど、怒ったのは生活面でのことがほとんどでしたね。基本的にJuice=Juiceはみんな、いい子たちです(笑)」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング