SKE48竹内彩姫&日高優月「一時は悩んでいたけど、今は楽しくてしょうがない」

エンタメNEXT / 2019年8月14日 6時0分

7月24日(水)に25枚目のシングル『FRUSTRATION』をリリースしたSKE48。古畑奈和が新センターに立ち、新たなSKE48の幕開けとも言えるこのシングルの発売を記念して、「ENTAME next」では姉妹雑誌『月刊エンタメ』とタッグを組み、選抜18人全員にインタビュー、対談を敢行。今回はともに6期生、ともにチームKIIに所属する竹内彩姫と日高優月の対談をお送りする。
──選抜入りおめでとうございます。まずは今の気持ちを。

日高 いまだにそわそわします。『金の愛、銀の愛』で初めて選抜に入れいただいてから3年経つんですが、周りの人が納得するような結果を残せているのかなって考えちゃうんですよね。選抜に選んでいただいているとはいえ、ポジションも3列目とか端っこが多くて、実力で入っているというよりまだ入れてもらっている感が抜けないんですよ。

──先日の生誕祭ではファンに向かって「優月のことが一番好きな1年に」と、強くアピールしていました。

日高 今まで握手会でも他のメンバーに行っていいよとか。自分に保険をかけていたんです。結果として、二推しは多いけど、一推しのファンが少なくて、ギリギリな結果が多かったんです。だからちゃんと言わないとなって思いました。言った後、「もっと優月を応援したい」って言っていただけて、今度は私がその人たちを後悔させないようにしたいなと。

──応援してよかったと思わせないとですね。竹内さんはいかがですか? 改めて選抜入りのお気持ちを。

竹内 いや、もううれしくて仕方ないです!

──楽しそうでよかったです。

竹内 はい。すごく楽しいです。実は去年、これからどうしていこうか悩んでいた時期があって。というのも、もうアイドルとして行けるところまで行けたのかなって思ってしまって。総選挙でも割と上位になれたし、公演ではセンターをやらせてもらえたし、アイドルとしてやりたいことは叶ったかなという気がして。私は舞台をやりたいし、それなら外に出た方がいいのかなと。SKE48の活動自体は楽しいから辞めたくないなって悩んでいたんです。

──今を取るか、将来を取るか?

竹内 (松村)香織さんに相談をしたら、「彩姫はSKE48に必要だよ」って言っていただけて。好きなSKE48を卒業するのはまだ早いなって思い直したんです。今回の選抜もポジションが上がって、喜んでくれるファンの方々がいて。まだ必要としてくれているんだなと思ったらうれしくて。

──前向きな気持ちになってよかったです。そして今回のシングルは今までとはまったく違う、ブラックミュージックテイストの曲になりました。

日高 夏に発売するから、さわやか系の曲かなと思っていたんですけど、(古畑)奈和さんセンターと聞いて、これはかっこいい系の曲になるかなと予想して。

竹内 かわいらしい、いわゆるアイドルっぽい曲は来ないだろうなと。

日高 インパクトのある始まり方だったり、レゲエダンスっぽい振り付けだったり、今の奈和さんにすごくハマってる曲になりましたよね。

竹内 私は比喩じゃなくて、ガツンと伝わる曲が好きなんです。だから『FRUSTRATION』は大好きですね。一緒に弾けて人生楽しもうぜってストレートな感じ。

──MVはロサンゼルスで撮影をしたとのことですが、いかがでしたか?

竹内 楽しかったー。

日高 歩いているだけで楽しかったです(笑)。

竹内 街並が格好よすぎて、ずっと映画の世界にいるみたいでした。

日高 全部が映えるんです。少しでも時間があればどこかに行っていましたね。朝、メイクの時に1時間空き時間があったんですけど、(惣田)紗莉渚ちゃんと、(荒井)優希とパンケーキ屋さんに行きました! 英語での注文は隣の家族の方が助けてくれて、すごくいい思い出になりました。

竹内 夜にみなるん(大場美奈)さんと一緒に、湯浅(劇場支配人)さんに頼み込んで、夜景を見に連れて行ってもらったんです。有名な「HOLLYWOOD」の文字が見えるところに。最高すぎて、すぐにLINEのホーム画面にしちゃいました。

日高 メンバーがタピオカ屋さんの店員さんと仲良くなったよね。熊さんみたいな見た目だけどすごくいい人なんです。スイカのタピオカを飲みたくて、「ウォーターメロン」って言ったら、なぜか「ウィンターメロン」って。冬瓜のタピオカになっちゃったんです。すごく落ち込んでいたら交換してくれました!

──お2人は英語はできるんですか?

日高 聞き取れるんですけど、あまりしゃべれないです。でも入国審査の受け答えは、泊まるホテル名とか答えたり、余裕でした。

竹内 私は全く……。入国審査は松本慈子の次だったんですけど、慈子の背中を見ているだけで緊張してきちゃって。私の番になって、入国の目的とか、滞在日数を聞かれたらしいんですけど、何にも答えられなくて。

──それじゃあ入国できないじゃないですか(笑)。

竹内 ずっと笑っていたら、もういいよOKみたいな感じで、入れました! 楽しんでおいでみたいなことも言われました。だから「サンキュー」って。

──現地でのコミュニケーションは大丈夫だったんですか?

竹内 ジュースを買う時もサイズを聞かれたらしいんですけど、わからないからジェスチャーで。あとスーパーもレジで何を出したらいいかわからないから、お金を全部バーって出してそこから取ってもらって。すべて笑顔で乗り切りました! 人って優しいなって思いました。

──いい人ばかりでよかったですね。では最後に新曲についてファンの皆さんにメッセージをいただけると。

日高 今までとはまったく違う曲で、SKE48はこんなこともできるんだってことを知ってもらえたら。この曲をきっかけにSKE48を好きになってくださる人を増やせたら嬉しいですね。

竹内 みんなでできる掛け声も多い曲なので、夏のフェスとかで一緒に盛り上がりましょう!

▽竹内彩姫(たけうち・さき)
1999年11月24日生まれ、愛知県出身。チームKII所属。2013年6期生としてお披露目される。2015年に正規メンバーに昇格。2016年20thシングル『金の愛、銀の愛』でシングル表題曲選抜メンバーに初選出。

▽日高優月(ひだか・ゆづき)
1998年4月1日生まれ、愛知県出身。チームKII所属。2013年6期生としてお披露目される。2014年に正規メンバーに昇格。2016年20thシングル『金の愛、銀の愛』でシングル表題曲選抜メンバーに初選出。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング