アプガ(2)『天気の子』の聖地へアルバムヒット祈願【写真18点】

エンタメNEXT / 2019年10月4日 18時0分

アップアップガールズ(2)が、11月12日に発売される初のアルバム『アオハル1st』のヒット祈願などを願うため東京・朝日稲荷神社を訪れた。
アプガ(2)は、高萩千夏(22)、吉川茉優(21)、鍛治島彩(20)、中川千尋(15)、佐々木ほのか(13:取材時は学業で欠席)、森永新菜(18)、島崎友莉亜(16)、新倉愛海(16)による8人組アイドルグループ。

2017年の結成以来、ライブや音源リリースを重ね成長してきた。今年3月のマイナビBLITZ赤坂での単独ライブは、大勢の観客が集まり熱量たっぷりのステージで大成功に終えた。8月のアイドルフェス@JAM EXPOでは、ストロベリーステージ争奪戦で優勝を勝ち取り、横浜アリーナの巨大なメインステージで渾身のパフォーマンスを披露したりと注目度も上昇中だ。また、つんく♂が4作連続でシングル曲のサウンドプロデュースを手掛けたことも話題となった。

そして、朝日稲荷神社は銀座という一等地のど真ん中のビルにある屋上の神社。大ヒット映画『天気の子』に登場する神社のモチーフになったと言われている場所だ。ご利益を授かろうとする参拝者がひっきりなしに訪れる、まさに脚光を浴びているパワースポットである。

今回、アプガ(2)が朝日稲荷神社を訪れた目的は3つ。まず、11月12日に発売される初のアルバム『アオハル1st』のヒット祈願。次に、11月4日に恵比寿リキッドルームで開催されるアプガ(2)の単独ライブ『アップアップガールズ(2)アオハル November』の満員御礼。そして、今年8月に発売されたつんく♂サウンドプロデュース楽曲「Be lonely together」のMVのYouTube100万再生回数祈願。

曇りがちな秋空のもと、メンバーひとりひとりが順番に参拝していく。神聖な空間だけに、メンバーの表情は穏やかな面持ち。最後の参拝者はリーダーの高萩。グループとしてより思いを伝えるべく、メンバー全員で彼女のお参りをバックアップ。すると、アプガ(2)の思いが届いたのか、強烈な太陽の陽射しの差し込む状況となった。

晴れやかな気持ちで参拝を終えたアプガ(2)。グループを代表して高萩がこの日の感想を述べた。

「今日は、映画『天気の子』で舞台になったと言われている朝日稲荷神社にお参りをしに来ました。映画も大ヒットしてるということで、そのパワーを授かりたいなとアプガ(2)のいろいろなヒット祈願に来たんです。11月4日の単独ライブ大成功しますように、11月12日に発売される念願だった初のアルバム『アオハル1st』がヒットしますように、つんく♂さんがサウンドプロデュースしてくださった「Be lonely together」のMVがもっとたくさんの方に見てもらえるようにってお願いをしたんです。私たち、ほんとにほんとに売れたいし、ヒットしたいんですよ。でも、屋上に神社があるのはすごいですよね。初の神社でのヒット祈願で、こんなに神聖な場所にメンバーと一緒に来れてよかったです。これからがすごく楽しみになりましたし、もっともっとがんばります!」

日々ステージに磨きをかけ、アイドルとして急加速で成長中のアプガ(2)。楽しさとポジティブなバイブスを放つ彼女たちの動向を、ぜひチェックしてほしい。



☆アップアップガールズ(2)オフィシャルサイト  https://upupgirls2.jp/

☆10月13日アップアップガールズ(仮)アオハルOctober@初台THE DOORS
☆11月4日アップアップガールズ(2)アオハルNovember@恵比寿リキッドルーム
☆11月12日アップアップガールズ(2)初のアルバム「アオハル1st」発売!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング