SKE48山内鈴蘭、7年ぶりの水着グラビア「親近感もありつつ、セクシーさも忘れない写真に」

エンタメNEXT / 2019年11月30日 17時0分

11月29日にデビュー10周年記念公演を行ったAKB48 9期生。かつて「黄金世代」と称された面々には、グループの精神的支柱・横山由依を筆頭に、「塩対応」でキャラを確立させ女優へと転身した島崎遥香や、今やSKE48に欠かせないリーダーとなった大場美奈、韓国を拠点に歌手活動を行う竹内美侑、トップグラビアアイドルとなった永尾まりやが並ぶ。個々のキャラクターの強さは、長いAKB48史の中でも随一といえるだろう。

そんな中、改めて注目したいのは、現SKE48の山内鈴蘭だ。元来の「釣り師キャラ」も健在ながら、プロを目指すほどだったゴルフの腕前を活かして、独自の存在感を発揮。元々天性のポテンシャルに溢れた彼女が活動10年目にして、今まさに覚醒しようとしているのだ。 活動10周年を記念して、11月30日発売の『月刊エンタメ』では久々の本格水着グラビアを掲載。まだ夏の残り香が漂う沖縄で、撮影を行った。7年ぶりのグラビアに、山内はどんな心境で臨んだのか。(グラビアカットは こちらから)

     *     *     *

SKE48の山内鈴蘭にとって、実に7年ぶりの水着グラビアへの挑戦だった。撮影の舞台は沖縄。すべてを忘れて、撮影に集中するにはうってつけのロケーションだったという。

「撮影が本当に楽しかったので、その雰囲気が前面に出ているグラビアになりましたね。自分が自分には見えないというか、新しい自分を引き出してもらったなと思います」

AKB48の9期生として、2009年にデビュー。AKB48の大ブレイク時にアイドル活動を始めた山内の同期には島崎遥香(16年にグループ卒業)や大場美奈(SKE48)がおり、ファンからは「黄金世代」とも称されていた。グループの圧倒的な勢いにも助けられ、9期生はデビュー初期から様々なメディアに露出していた。

その中で山内は「ゴルフ」という特技を中心に活動。2014年にはSKE48へ移籍し、グラビア仕事からは距離を置いてきたようにも見える。

体のラインが露わになる水着グラビアには、心と体の準備が必要だ。撮影の前日だけ口にする物に気を遣えばいいわけではない。

「7年もグラビアをやっていないと、自分の体に自信がなくなっていくんですよね。私は食べることもお酒を飲むことも好きなので、どうせ水着になることはないだろうと油断していました。普通のアイドルにはつかないようなところにもお肉がついてたし(笑)。でも、心のどこかでグラビアをやりたい気持ちはあったんです。同期の大場美奈ちゃんが写真集を出したことに影響された部分があったのかもしれません。だから、やると決まったからには必死にダイエットしました」

ゴルフという活動のある、ある意味アスリートとしての側面もある山内にとって、ただ「食べない」というダイエットはコンディション維持の点から難しかった。

「食べながら痩せる。ストレスを抱えないことを第一に考えました。炭水化物を食べてもいいけど、昼までにするとか。ジムに通い、ランニングをしたり、おばちゃんたちに混ざってプールで泳いだり。もちろん毎日の筋トレですね。ジムワークの仕上げは、むくまないように半身浴とサウナを繰り返す。お仕事の合間に運動する毎日を繰り返していると、自然と寝つきがよくなって、早寝早起きができるようになりました」

山内は、お酒に目がないことでファンにはお馴染みだったが、

「家で1人酒とか、この撮影が決まるまでは毎日のように飲んでいましたね(笑)。ゴルフで体を動かすことが多いから、家に帰るとついつい1杯……という気持ちになっちゃう。でも、今回の撮影のために2週間半の禁酒生活。ダイエットは、沖縄での撮影が終わった後に飲むと決めていたオリオンビールの味を想像していたから乗り越えられました(笑)。ビールって、なんであんなに“頑張った感”があるんですかね? 人生で一番おいしいビールだったかも。達成感がありすぎて、思わず涙が出ちゃって(笑)。2杯目からは泡盛にしましたけど(笑)」

撮影では、ビーチでの王道の水着姿に加え、古びたモーテルでランジェリーライクなショットにも挑戦。まもなく25歳を迎える大人の女性としてのセクシーさもふんだんに収められた。撮影に抵抗はなかったのだろうか。 

「撮影中、カメラマンさんやスタッフさんから私をきれいに撮ってあげたいんだという気持ちをずっと感じていました。皆さんがとにかく優しいんです。その気持ちが伝わっていたから、私ももっとポーズを頑張らなきゃとか、もっと表情を引き出そうって思えたんです。この10年で培ったすべてを出し切ろうと思いました」

撮影を務めた佐藤佑一氏は、多くの雑誌グラビアや写真集を手がてきた、名グラビアカメラマンだが、実は7年前に〝最後の〟水着グラビアを撮ったのも、佐藤氏だったという。佐藤氏が言う。

「7年ぶりという話でしたけど、最初のカットを撮った時点で『これはもう大丈夫だな』と思いました。この仕事を10年やってるだけあって、撮られ方もわかっているし、現場を楽しみつつも、自ら場を盛り上げることも忘れない。そんな雰囲気を彼女が作ってくれたから、嘘のないものが撮れたかなと思います。久し振りの再会に、人間としての成長も感じましたし、ファンの方にも本人にも喜んでもらえたらうれしいですね」

「7年ぶりに自分を見せることが恥ずかしくもあったけど、自分のリズム感とシャッターのリズムが合うのがすごく心地よかったです。その心地よさから、今度はこうしたいという欲求が自然に沸き起こるのを感じました。『あー、相性ってあるんだな』と思いながらシャッター音を聞いていました」(山内)

今回、山内は彼女なりのテーマを持って撮影に挑んだという。

山内「男性に見られても、女性に見られてもいい写真にしたいなと思っていました。親近感もありつつ、セクシーさも忘れない。今ではそう思うようになりました」

活動10周年を迎える9期生。10年が経ち、山内鈴蘭もいつしか大人になっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング