映画新人賞総なめ女優・関水渚が『週プレ』表紙初登場、美ボディ際立つ爽やかビキニで“素”を表現

エンタメNEXT / 2020年11月16日 5時0分

関水渚(C)細居幸次郎/週刊プレイボーイ

女優・関水渚が11月16日(月)発売の『週刊プレイボーイ』48号(集英社)の表紙、巻頭グラビアに登場している。

【写真】関水渚、古田愛理、ねもぺろ、萩田帆風、立花繭子*、の珠玉のグラビア

2017年4月に「アクエリアス」のCMでデビューした関水渚。映画『町田くんの世界』では、第62回ブルーリボン賞新人賞、第93回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞などを受賞して注目を集めた。その後も映画『コンフィデンスマンJPプリンセス編』やドラマ『キワドい2人-K2-池袋署刑事課 神崎・黒木』(TBS)など話題作に出演している期待の新星だ。

『週刊プレイボーイ』の表紙には今回が初登場。爽やかなブルーのビキニや、ピンクのビキニをまといスクリーンとはまた違う“素”の姿をさらけ出している。

なお同号には、古田愛理、ねもぺろ(鹿目凛、根本凪)、萩田帆風、立花繭子*、桃月なしこ、松本まりか、染谷有香のグラビアも掲載されている。

【あわせて読む】えなこ、美バストこぼれる「目のやり場に困ってしまう」パーカーコーデにファン悶絶

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング