マーティ・フリードマン★鋼鉄推薦盤 天才による衝撃的サウンド!

エンタメNEXT / 2014年8月21日 7時0分

 西新宿在住のスーパーギタリスト“マーティ・フリードマン”が完全ドルヲタ宣言! 三度のメシよりJ−POPが好きという彼が、お気に入りのアイドルソングを鬼レコメンド!! 今回は、でんぱ組.incの初期代表曲にして、前山田健一が手がけた『Future Diver』のスゴさに改めて迫る!#04_でんぱ組.inc『Future Diver』


 でんぱ組.incのちょっと前の曲なんだけど、これにはすごく衝撃を受けました。めちゃめちゃ憧れの曲ですね。彼女たちの歌声、オーケストラヒットなど何重にも折り重なった複雑な楽器のアレンジ……もう足りないものが一切ない。このインパクト、ビッグサウンドは現代版のフィル・スペクターだよ!(注:フィル・スペクターは60年代のアメリカでヒットを量産したプロデューサー。〝音の壁〟と呼ばれる分厚いサウンドが特徴)

 で、このサウンドのプロデュースを手掛けたのが、ヒャダインさんこと前山田健一さん。ももいろクローバーZの楽曲でもおなじみのクリエイターさんだよね。熱心な読者は覚えているかもしれないけど、ボクと彼は2年くらい前に『月刊エンタメ』で対談させてもらってるんですよ。そのときの話がすごく印象深かったですね。

 ヒャダインさんは、楽曲のアレンジをほぼ1日で作って録音してしまうらしいんですよ。それなのにこのクオリティでしょ? その話を聞いて、腰を抜かしました。こういう天才が日本にもいるじゃん! って。

 ボクはそれを海外のミュージシャン友達にも知ってほしくて、みんなにももクロとかでんぱ組の音源を渡して聴いてもらったんですよ。でも、こんな反応をされましたね。

『マーティ、頭がおかしくなったのか?』、『日本に洗脳されたのか?』って。10年前にハロプロの三人祭『チュッ! 夏パ~ティ』を聞かせたときも同じ反応だったなぁ。でも、何度か聴いてくれ、ってリクエストしてみると、数日後に『これはすごい!天才だ!』、『マーティ、よくこんなミュージシャンを発見したね!』なんて言ってくるんですよ(笑)。たとえジャンルは違くても良い耳を持っているミュージシャンなら、認めざるを得ないんですよね。

 ちなみにボクがヒャダインさんと共演した、ももいろクローバーZの『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』は海外のメタルファンの間でも知られているみたいなんです。こういうことをキッカケに、海外の音楽ファンも日本のアイドルの曲の素晴らしさに気づいていくんじゃないかな?

(構成・文/尾谷幸憲)
 

Marty Friedman
マーティ・フリードマン
ギタリスト、プロデューサー。全米で1000万枚以上のCDを売ったヘヴィメタルバンド「メガデス」に在籍。2004年から日本の音楽シーンでも活躍。ももいろクローバーZ『猛烈宇宙交響曲・第七楽章「無限の愛」』への全面参加。ニューアルバム『インフェルノ』(ユニバーサル)が発売中。月刊エンタメにて誌面版「マーティ・フリードマンのヘドバン★鋼鉄推薦盤[メタルレコメンド]を連載中!
【公式HP】http://www.martyfan.com/

entamenext

トピックスRSS

ランキング