じゃんけん大会の第一手は事前に決めている? メンバーの証言から検証

エンタメNEXT / 2014年8月9日 16時0分

研究生予選の決勝まで進んだものの、山田樹奈に敗れた青木詩織

 8月8日、幕張メッセで開催された「第5回じゃんけん大会」の姉妹グループ予選。日本武道館で行なわれる本戦への出場を賭けて、姉妹グループのメンバーたちがじゃんけん対決を繰り広げた。

 そこで今回、出場者が最初に出した"第一手"は各自が事前に決めているのかを検証してみた。検証の対象にしたのは、SKE48の研究生である。

 エンタメNEXTでは今年1月~5月に「SKE48研究生に48の質問」と題した連載を掲載。その連載のなかで研究生(当時)に、じゃんけんに関する質問をぶつけていた。

●じゃんけん大会1回戦、何を出す? (連載時のQ34)
●その結果、あいこでした。次は何を出す? (連載時のQ35)

 果たしてSKE48の研究生たちは、この時の回答通りの手を出したのか。連載に登場した18人のうち、卒業したメンバーを除く14人の回答と本番での出し手を比較検証してみた。その違いをご覧いただきたい。

※出した手の表記は「第一手/あいこの場合の次の手」


<SKE48研究生予選 出場メンバー>

■井田玲音名
http://www.entamenext.com/news/detail/id=294
取材時の回答 パー/チョキ
大会予選本番 1回戦 パー(敗退)

 回答通りのパーで勝負。「あいこになったら、最初の手に勝つ手を出して、勝ちに行く」と語っていたけれど、あいこになることもなく1回戦敗退。

■青木詩織
http://www.entamenext.com/news/detail/id=452
取材時の回答 チョキ/チョキ
大会予選本番 1回戦 チョキ(勝利)、2回戦 パー/パー/チョキ(勝利)、研究生予選決勝 チョキ(敗退)

 第一手は回答通りのチョキで勝利。前回のじゃんけん大会本戦で松井珠理奈がパーで勝ち進んだことを参考にしたのか、2回戦ではパーのあいこが続いたが、その後は初心に帰ってチョキで連戦。だが、研究生予選で敗れてしまい、SKE48予選進出ならず。
 ■鎌田菜月
http://www.entamenext.com/news/detail/id=581
取材時の回答 グー/グー
大会予選本番 1回戦 パー(勝利)、2回戦パー/パー/パー(敗退)

 第一手は回答とは違ったが、あいこになっても同じ手を出すというポリシーは2回戦で守った。おかげで2回戦敗退してしまったけど…。

■竹内彩姫
http://www.entamenext.com/news/detail/id=362
取材時の回答 その時、頭に思い浮かんだもの/相手の目を見て、決めます
大会予選本番 1回戦 グー(敗退)

 事前に出し手を考えないという戦法で、前年は研究生予選を突破。今年もおそらく同じ方法で攻めたようだが、1回戦敗退。

■山田樹奈
http://www.entamenext.com/news/detail/id=428
取材時の回答 グー/チョキ
大会予選本番 1回戦 グー(勝利)、2回戦 グー/グー/パー/パー/グー(勝利)、研究生予選決勝 グー(勝利)、SKE48予選1回戦 グー(敗退)

 第一手は回答通りのグーで勝利。その後もすべて決まり手はグーで、見事に研究生予選を突破した。だが戦法を読まれたのか、SKE48予選では1回戦敗退。連載では「グー、チョキ、パーの順で出す」と答えていたけれど、もしその通りに出していたら、結果は変わっていたかも!?
 
見事、研究生予選を勝ち抜いた山田樹奈。惜しくもSKE48予選では初戦敗退に終わった
■荻野利沙
http://www.entamenext.com/news/detail/id=536
取材時の回答 チョキ/チョキ
大会予選本番 1回戦 チョキ(敗退)

 回答通りのチョキを出したが、残念ながら1回戦敗退。敗戦後には「めっちゃ悔しい!」と絶叫していたが、初心を守っての敗退だから悔いなし(ということもないか)。

■松村香織
http://www.entamenext.com/news/detail/id=255
取材時の回答 チョキ/パー
大会予選本番 1回戦 グー/チョキ(敗退)

「あまり深くは考えてない」と言っていた通り、第一手から回答とは違った出し手。「あいこになったら、最初の手に負ける手を出す(裏の裏を読む)」という回答は踏襲したが、功を奏さず。
 
終身名誉研究生の松村香織、選抜総選挙17位の実績もじゃんけん大会には通用しなかった
■佐々木柚香
http://www.entamenext.com/news/detail/id=477
取材時の回答 グー/パー
大会予選本番 1回戦 グー/グー(勝利)、2回戦グー/グー/パー/チョキ(敗退)

 第一手は回答通りのグー。「あいこになったら、前の手に勝つ手を出す」という戦法で終盤を攻めたが、残念ながら2回戦敗退。


<SKE48予選 出場メンバー ※連載後に昇格したメンバー>

■北川綾巴
http://www.entamenext.com/news/detail/id=233
取材時の回答 パー/パー
大会予選本番 1回戦 パー/パー(勝利)、2回戦 パー(勝利)、3回戦パー/パー/パー(敗退)

 第一手はパー、あいこになっても手は変えないという回答を潔いまでに守ったが、武道館進出を賭けた3回戦であいこの末に敗退。
 
パーのみを出し続けて3回戦まで進出したが、遅くも敗退した北川綾巴
■北野瑠華
http://www.entamenext.com/news/detail/id=329
取材時の回答 チョキ/チョキ
大会予選本番 1回戦 チョキ/グー(勝利)、2回戦 チョキ(敗退)

「調べたら、チョキが一番勝てると書いてあった」というリサーチ通りにチョキで連戦。1回戦突破の勝ち手はグーだったけど。

■熊崎晴香
http://www.entamenext.com/news/detail/id=347
取材時の回答 グー/パー
大会予選本番 1回戦 グー(勝利)、2回戦グー(勝利)、3回戦グー/グー(敗退)

 回答していたグー1本で連戦。あいこになったら「人間は同じことを繰り返すものだから、相手の一手先を行きます」と答えていたけれど、同じ手を繰り返して負けたのは自分だったという(笑)。
 
右手首骨折を乗り越えて7月に復帰した熊崎晴香。じゃんけんの手にくまちゃんポーズがあったら勝てた!?
■野口由芽
http://www.entamenext.com/news/detail/id=386
取材時の回答 チョキ/パー
大会予選本番 1回戦 チョキ(敗退)

 回答通りのチョキだったけれど、1回戦敗退。でも、この予選直前に昇格も決まったことだし、シングル選抜のチャンスが巡ってくるのも、きっともうすぐ!
 
予選直前に昇格が決まり、SKE48予選から出場できた野口由芽
■日高優月
http://www.entamenext.com/news/detail/id=409
取材時の回答 グー/グー
大会予選本番 1回戦 グー/パー/グー/グー/グー/グー/チョキ(敗退)

「じゃんけんではいつもグーを出す」と言っていた通りの第一手。6連続あいこの激戦になったけれど「あいこになっても手は変えない」という戦法にブレが出たところで、1回戦敗退。
6連続あいこの激戦を惜しくも制することができなかった日高優月
■犬塚あさな
http://www.entamenext.com/news/detail/id=494
取材時の回答 チョキ/グー
大会予選本番 1回戦 パー(敗退)

 対戦相手の二村春香に「手汗がイヤ(笑)」と握手を拒否されて、動揺するあまり、考えていた出し手を忘れた? 回答通りのチョキを出していたらあいこで、その後の勝負はどうなっていたか。だが犬塚は野口由芽と同じく、予選直前に昇格。シングル選抜のチャンスに期待してます!
 
野口と同様、予選直前に昇格した犬塚。そこで運を一つ使ってしまっていた?
 以上の検証結果を見ると、14人中10人というかなりの割合で、エンタメNEXTによる取材時に回答した通りの第一手を出していた。日ごろのじゃんけんの癖も含めて、事前に第一手が決まっているメンバーが多いようだ。

 だが、第一手があいこになった5人のうち、次の手で回答通りの手を出したのは北川綾巴のみ。あいこになると緊張が増し、想定していた戦法が飛んでしまうのか。

 9月17日の武道館本戦に臨むメンバーの皆さん、これを読んでいたらご参考までに…。もし、それで負けても当方は責任を持ちませんが(笑)。

(取材/文 青木孝司)

entamenext

トピックスRSS

ランキング