矢口真里、アイドルの自己紹介「最高!たまらんかった」

Entame Plex / 2018年8月23日 21時30分

写真

矢口真里、アイドルの自己紹介「最高!たまらんかった」

8月21日、AbemaTVで『矢口真里の火曜The NIGHT』が放送された。
同番組は、タレントの矢口真里とお笑い芸人元巨匠の岡野陽一が、毎回変わる個性豊かなアイドルたちをゲストに迎え、様々なトークテーマでアイドルたちに切り込んでいく番組。

この日のオープニングでは、株式会社鉄人化計画が運営する「カラオケの鉄人」、小学館のコミック誌『週刊少年サンデー』とのコラボイベント「今一番アツいアイドルは誰だ? 極アツ★アイドル2018」に出場するアイドルたちがスタジオに登場し、自分たちで選曲した“極アツカラオケソング”を歌ながら自己紹介をする「熱量カラオケ自己showカイ」を披露した。
 
前回の放送では、正統派美少女アイドルグループ・さくらシンデレラがスタジオに登場。ZARDの『負けないで』にのせてオリジナルの振り付けを踊りながら、「矢口さんの『火曜TheNIGHT』で爪痕を残さナイト♪」と自己PRを披露すると、パフォーマンスを見終えた矢口は、「いや~最高でしたね!たまらんかった♡」と感想を語り、「完ぺきだった! 素晴らしいトップバッターでしたね!」と絶賛した。

今週の放送回では、ユーザーの声を元にテーマが決まるアイドルグループ・キミイロプロジェクトと、20歳以上の大人アイドルグループ・DREAMING MONSTERの2組がスタジオに登場。最初に披露したDREAMING MONSTERは、ゆずの『夏色』を選曲し、ハモリを入れるなど自慢の歌唱力を思う存分アピール。

そして、次に登場したキミイロプロジェクトは、JUDY AND MARYの『そばかす』を選曲するが、歌わずにバク中や、自分たちのアピールポイントをコメントするといった斬新な自己紹介を行った。そんなDREAMING MONSTERと、キミイロプロジェクトの「熱量カラオケ自己showカイ」は「Abemaビデオ」にて1週間無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング