中村倫也、教師役で女子高生との甘酸っぱいストーリー

Entame Plex / 2018年9月14日 10時40分

写真

中村倫也、教師役で女子高生との甘酸っぱいストーリー

ニキビ一緒に治そうProjectは14日、俳優の中村倫也が出演するニキビ治療啓発WEB限定動画『ニキビも、悩みも、小さなうちに。』を公開した。

本動画は、あまり世間に知られていない「ニキビは皮膚科で治療ができる」という事実を世の中に広める為に、作成されたもの。



動画では、おでこに出来たニキビに悩み自信が持てない女子高生と先生との甘酸っぱいやり取りが繰り広げられる。動画に登場する高校教師役には、現在人気急上昇中の中村、そして女子高生役には女優の西本まりんを起用している。動画にたびたび登場するハリネズミは、実は教頭先生という設定で、声は杉田智和が担当。CMの楽曲は、曽我部瑚夏による女子高生の心情を歌詞にしたオリジナルソングが甘酸っぱいストーリーを彩る。

また、動画の公開に合せて、撮影の裏側をおさめたメイキング動画や、独占インタビュー動画もWEB限定で公開中。さらに、撮影を終えた中村へのインタビューも到着した。



──今回のWeb動画のみどころは?

中村:今回の作品は、女子生徒の乙女心に尽きるんじゃないですかね。彼女のニキビに悩みつつ、恋をしてるのかしてないのかは分かんないですけど、なんかそういうちょっとした青春な感じが、この高校の撮影を通じて、“ヒシヒシ”と感じています。

──撮影で苦労した点は?

中村:天気が、雨が降りそうだったり降ったりしていたので、スタッフの皆さん大変だったかなと思います。朝も早かったですもんね。僕はのんびりとした先生の役だったので、そんな風に過ごしていたら(撮影が)終わりました。ちょっと物足りないです。もっとやりたかったです。

──中村さんも高校生時代はニキビに悩まされていましたか?

中村:僕そんなにできない方だったんですよね。たまにできてはいたんですけど…。(ニキビができたら)皮膚科に行くっていう発想がなかったので、同級生にはそれこそすごい悩んでいる人もいました。

──高校生時代、特に印象に残っている出来事は?

中村:もっぱら勉強の虫だったので、優等生で来ていたので。まぁ、嘘なんですけど(笑)。文化祭とか楽しかったですね。出し物を考えて、クラスTシャツとかつくったり。体育祭とかイベント事は一致団結じゃないですけど、印象に残っていますね。キラキラしていたな、と思いますね。思い返すと。あとは…もっぱら、恋ですね。

──ニキビに悩んでいる方に一言お願いします。

中村:ニキビに悩んでいる方いらっしゃると思います。学生でも、大人になってからも、大人ニキビなんてありますし、僕も最近できるんですけど。この作品学校の生徒と先生の物語を通じて、そんなニキビをどういう風に処置したらいいのかを学べると思いますので、是非参考にして頂いて、素敵な人生を歩んでいただければと思います。やっぱりニキビ1つでちょっと人の目が気になってしまったり1日ハッピーじゃなくなったりする素敵な乙女心をお持ちの方も多いと思いますので是非適切な処置を施してやってください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング