東京女子流、イベントで主演映画のヒットを祈願

Entame Plex / 2014年5月8日 11時3分

写真

東京女子流、イベントで主演映画のヒットを祈願

小西彩乃、山邊未夢、新井ひとみ、中江友梨、庄司芽生の5人組ガールズ・ダンス&ボーカルグループ:東京女子流が、5月23日(金)に公開となる主演映画「学校の怪談 呪いの言霊」の直前イベントを5月6日、ディファ有明で行った。

オープニングでは、背中に十字架をかたどった黒の衣装に身を包んだ東京女子流が、映画主題歌の「十字架」を熱唱。MCにはアイドル評論家としても知られるミュージシャン:掟ポルシェを迎え、授業形式で進行した。「箱の中身は何だろな?ゲーム」をはじめ、様々なゲームが行われた後、ミニライブで6曲が披露され、ライブ後半には、映画撮影の際着用したのセーラー服姿で登場。そして、イベントの最後には5人全員が大幣を捧げ持ち、会場に集まった約500人の観客の安全と映画の大ヒットを祈願してお祓いを行った。

イベント中、掟の「ホラー映画の撮影に参加してみてどうでしたか?」という問いに山邊は、「ホラーすっごく好きで、家にもゾンビとか怖い映画のDVDとか沢山あって、念願叶ってホラー映画の出演となりました!」とコメント。一方庄司は「映画のポイントになる役どころだったんですが、役に入り切れなくて、メンバーに付き合ってもらい何度も練習しました」と苦労しながらも一生懸命演技に取り組んだことを語っていた。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング