小泉今日子&中井貴一、主演ドラマのダイジェスト映像を公開

Entame Plex / 2014年5月20日 13時30分

写真

小泉今日子&中井貴一、主演ドラマのダイジェスト映像を公開

現在、毎週木曜夜10時から放送中のフジテレビ系列の連続ドラマ『続・最後から二番目の恋』の第1話~5話までのダイジェスト版スペシャルムービーが、5月15日より公開されている。

『続・最後から二番目の恋』は、“大人の青春って、始末に負えない”がキャッチコピーの2012年に放送された『最後から二番目の恋』の続編。W主演を務める小泉今日子演じる吉野千明は48歳、中井貴一が演じる長倉和平は52歳と、足して100歳になったにも関わらず、会えば口論やいざこざの絶えない2人の関係性は相変わらず。そんな2人に加え、坂口憲二、内田有紀、飯島直子、加瀬亮、長谷川京子、柴田理恵ら個性的な面々が脇を固めている。



15日より公開のスペシャルムービーは、これまで放送された前半5話までを一挙8分のダイジェスト映像にまとめ、最後に、5月22日放送予定の最新・第6話の予告映像も加えた特別編集版。

ドラマが後半に入っていくにあたり、番組プロデューサーである若松央樹氏、浅野澄美氏によるインタビューも到着している。


――このドラマは、一言で言うとどんなドラマでしょうか?
「笑えて、ちょっと切ない大人の青春を描いたドラマです」


――見所はどこでしょう?
「ズバリ、小泉さんと中井さんのリアリティある、コミカルな掛け合いです。古都・鎌倉を舞台に、アクションや大きな事件もなく、描かれるのは優しく魅力的な大人たちの日常、秀逸な会話劇と抱腹絶倒の口喧嘩、心のどこかにさみしさを抱えながらも、日々懸命に生きている「大人たち」が見どころです」


――(教えていただける範囲で)今後の見所はどこでしょうか?
「パート1、SPと放送してきて、今回、パート2をむかえ、主人公の千明と和平は、2人足して100歳になりました。恋愛とも友達とも言えない絶妙な関係のまま、相も変わらず口喧嘩する2人の前に、千明の元カレや和平の娘のボーイフレンドの母親(未亡人)が現れ、日常に少しずつ変化をもたらします。果たして「足して100歳のラブストーリー」はどうなるのか?笑いと切なさを織り交ぜながら、これまでにない「大人の恋愛の答え」「大人の未来」を描きたいと思っていますので、そこにご注目ください」


――続編ドラマですが、 シーズン1から変わったな、というところとシーズン1から、変わらない。と思ったところはありますか?
「シーズン1から2年、ドラマの中でも2年たち、千明は副部長職に昇格し、和平は、観光課課長と市長秘書を兼務するという立場に。自分のペースでガツガツ仕事が出来ず楽しくない…そういう中間管理職のサラリーマンならではの寂しさや悲哀が、今回はよりリアルに描かれます。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング