産休の矢口真里、代理MCに「乗っ取られる可能性がある」

Entame Plex / 2019年7月31日 19時30分

写真

産休の矢口真里、代理MCに「乗っ取られる可能性がある」

7月30日、AbemaTVで『矢口真里の火曜The NIGHT』が放送された。
同番組は、タレントの矢口真里とお笑い芸人元巨匠の岡野陽一が、毎回変わる個性豊かなアイドルたちをゲストに迎え、様々なトークテーマでアイドルたちに切り込んでいく番組。

この日の放送回では、本番組にて4月に第一子妊娠の報告をした矢口が、「もう産んでも良い月に入ってるんですよ。だから、約束出来ないって部分があって、今日までということに」と、この日の放送を最後に産休に入ることを報告。さらに、他の仕事についても聞かれた矢口は、「もう今日まで、これ(本番組)で産休に入ります。明日からな~んにもしない(笑)」と答え、出産までの過ごし方については「安静にしてるというか。夏に入りますし、もう今暑くなって来てるから、あんまり外もうろうろ出来ない」と、安静に出産に備える予定であると説明。続けて、「私、出産準備とか全部しちゃったのよ。病院グッズとか、全部揃ってるし、ネイルサロンでネイルも取ったし」と出産に向けての準備は万端であると語った。

さらに、番組内では「代理MCは誰だ!?サヨナラやぐ姉!元気な赤ちゃん生んでねSP」と題し、今回の放送から産休に入る矢口に代わって約2ヶ月の間、代理MCを務める鈴木愛理がサプライズゲストとして登場。

代理MCが誰なのか知らされていない岡野陽一に、矢口は「ちょっと不安な部分もあるんですよ。何故なら、めっちゃ人気者が来るから!リアルな話、視聴数とかコメント数とか、全然あると思います(笑)」と宣言。

岡野が「何も知らないのに汗かいてきた」と動揺を見せる中、矢口は続けて「正直、乗っ取られる可能性があるなと思って(笑)」と、頼れる代理MCへの不安を口にし、笑いを誘う一幕も。



そして、いよいよ鈴木が登場し、矢口の代理MCが明らかになると岡野は「あー!知ってるー!鈴木さんだ!」と絶叫。「初めまして」と挨拶を交わす鈴木と岡野にお互いのことを知ってもらうため、鈴木のアイドル道を人生年表で振り返りながら、MCの引き継ぎを行った。

産休前最後となる矢口のMCをお手本に、鈴木は「今日の矢口さんの感じをしっかりと頭の中にインプットしながら、この場を守りにいきたいと思います!」と意気込みを語った。

番組の最後、矢口は「ここ(番組)で赤ちゃん見せたいんですけど、それもちょっと審議中で。深夜は無理かもしれないけど、収録だったらもしかしたら、チラッとお披露目できるのかな~なんて。私は、ここが本当にホームだと思ってるんで、2ヶ月ちょっとありますけれども、元気な赤ちゃんを生んで帰ってきたいと思います!」と番組への思いを語り、さらに語気を強めて「この番組は本当に!皆さんの声と視聴数が大事ですので!この期間もたくさん観ていただいて、見逃し配信などもやっておりますので、ぜひともよろしくお願いいたします!」と視聴者へメッセージを送った。

矢口の産休前最後の出演となった『矢口真里の火曜The NIGHT』#160は、Abemaビデオにて7日間、無料で視聴可能なので、ぜひチェックを。

©AbemaTV

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング