映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、1日で3カ国を巡るワールドプレミアを敢行

Entame Plex / 2014年5月31日 10時20分

写真

映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」、1日で3カ国を巡るワールドプレミアを敢行

近未来の戦場で時間のループにとらわれ、繰り返される戦死と出撃の模様を描いた桜坂洋によるライトノベル「All You Need Is Kill」が映画化。映画公開に先駆け、主演のトム・クルーズとエミリー・ブラント、監督のダグ・ライマンらが、時差を利用することで5月28日の1日だけでロンドン・パリ・ニューヨークの3都市を巡るワールドプレミアツアーを行った。



パリを訪れたトム・クルーズは「皆さんの反応がとてもいいね、映画の出来もとても良いと言ってくれている。実はこの映画、製作に3年間もかけてきました。みなさんとこうして、同じ喜びを共有できる機会を持てて、とてもハッピーです」とコメント。ダグ・ライアンは「この映画は日本で生まれて、日本の小説が原作となっている。日本の原作者が、自分の子供のように大切なものを、私に託してくれた。私は、それを真摯に受け止めた。トムとエミリーもね。トムはいつも100%ですが。日本で生まれた映画を携えて、数週間後に日本に戻るということが、とても待ち遠しいです」と語っている。



6月26日(木)には、トム・クルーズが来日し、1日で東京・福岡・大阪・東京を巡るループ・キャンペーンも予定されている。
映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」は7月4日(金)ロードショー。

©2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS(BMI)LIMITED

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング