1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

ニューヨーク、美女のフラれた理由に「めっちゃ嫌い」

Entame Plex / 2021年7月1日 18時30分

写真

ニューヨーク、美女のフラれた理由に「めっちゃ嫌い」

新しい未来のテレビ「ABEMA(アベマ)」は27日、ABEMA SPECIALチャンネルにおいて、美人がフラれた真相を探って行く新感覚恋愛バラエティ番組『こんな美人をフルなんて』第3話を放送した。

『こんな美人をフルなんて』では、MCを務めるお笑いコンビ・ニューヨークの嶋佐和也と屋敷裕政、タレントの井上咲楽が、「信じられないほどの美人でもフラれた過去を持っている」という仮説のもと、そんな美人をフった元彼たちから「なぜ美人をフッてしまったのか?」、そして、当時言えずに終わってしまったフるに至った“本当のワケ”を調査し、元彼たちから明かされる美人たちの実態と、次々と発覚していく衝撃の真相に迫る爽快感満載の新感覚恋愛バラエティ番組。

第3話の放送では、美人芸能人ゲストとしてタレントの明日花キララが登場。MCたちとともに、第3回目のフラれ美女として登場した、セレブお嬢様で現在はうたのおねえさんとして活動する、のだこころの過去のフラれた真相に迫った。

冒頭では、これまで絵に描いたようなエリートコースを歩んできたのだが、18歳から6年半付き合った元彼から電話1本でフラれた過去を告白。そして、「関係が上手くいっている芝居をしてた」と告げられたことを明かすと、これを聞いた屋敷は「めっちゃかわいそう…。マジで意味不明っすね」とコメント。さらに、「18歳からの6年間って女性からしたらかなり大事な時期だよね」と言及すると、のだは「かなり大事な時期ですよね…。意味が分からなくて」と本音をこぼす。しかし、その一方で「付き合っていた6年間は安定していたのか?」という質問に対し、のだが「かなり安定してました!」と即答すると、思わず疑いの目を向ける明日花は「本当ですかね!?絶対浮気してると思うんですけど…(笑)」とこぼし、スタジオの笑いを誘う。

そして、スタジオメンバーたちが、のだはなぜフラれてしまったか理由を推測するなか、のだをよく知る人物として登場した両親と姉は、「かなり神経質。飛行機でも隣に男性が座るのは嫌だとか、東京で満員電車には乗れないと言ってます」と証言。しかし、このタレコミに対し、のだが「潔癖の中でも特に異性潔癖があって、知らない男性と電車で隣には座れない。でもそれって彼からしたらすごく安全だと思う」と断言すると、これを聞いたニューヨークの2人からは「たしかにね」と賛同の声が上がる。しかしその一方で、高校1年生の頃からのだの恋愛事情を見守り続けてきた大親友・マイコが登場すると、マイコはのだの性格について「かまってちゃんかも。依存しかしてない」と告白。

さらに、のだが、友達といても平気で元カレのテツヤに何時間も電話する“テツヤタイム”があったと打ち明けると、嶋佐は思わず「最悪なんですけど!」バッサリ。屋敷も「俺こういう奴めっちゃ嫌い!」と続くと、その後、のだが、自分をフッた元彼たちを“死んだ”と思い込むようにしていると明かした際には、2人の口から思わず「怖い怖い怖い怖い!」と悲鳴が上がった。

番組の後半では、誰もが「仏の優しさを持つ男」と称賛するテツヤが登場。死んだと思い込んでいたテツヤの登場に、のだから思わず「生きとる…!」と感嘆の声が上がる。そして、テツヤがのだをフッた理由として「重さがあった」と言及。そして、テツヤは、のだから日々強いられてきた衝撃事実を告白していく。帰宅後毎日行われていたというテレビ通話について触れ、「6年間毎日、翌朝まで必ず続くテレビ通話を行っていました。ずっと監視されているのかな?という感じがありました」と説明するテツヤが、当時はそれが普通になっていたとしながら「軽く洗脳されてたんじゃないかな?」と打ち明けると、これを聞いて哀れんだ表情の嶋佐は「それ遠距離恋愛じゃねぇよ。遠距離監視だよ!」と断言。さらに、そんなテツヤが、唯一のだから解放される時間として、電話もLINEも使えない海外出張を挙げながら「フィリピンのスラム街とか中国・上海はLINEが使えないので、
そんなところに行くのが楽しみでした」と打ち明けた際には、「こんなことある!?フィリピンのスラム街
で安らぎを感じてたんだよ?あんな危ない街で…」と驚きの声を上げた。

また、テツヤが「本来だと友達とお酒を飲んで麻雀するのが大好きな怠惰な人間なので、彼女の前ではそういうところを見せないように頑張ってました。彼女の前で良い人でいようと頑張りすぎていたのかなと思います」とコメントすると、屋敷は思わず「そりゃしんどいわ!彼氏しんどかったな~。ずっと違う自分演じとったんや…」と同情。しかし、そんなテツヤに対し、のだが「私が愛してた彼は虚像?」と言いながら、「じゃあ彼が初めから自分をさらけ出して付き合えばよかったじゃないですか。彼に問題ありません?」と不服そうな表情を見せると、全く反省の色が見られないのだに、スタジオメンバーたちは呆れた表情を見せた。

なお放送内では、明日花さんが23~24歳の頃に、SNS上のナンパで出会った元彼から一方的に濡れ衣を着せられフラれた過去を告白。ある日突然「大阪で男といなかった?」「横浜でデートしてなかった?」など、身に覚えのない目撃情報で浮気を疑われ、その後ついに爆発した元彼から「大阪にも彼がいて横浜にも彼がいて…全国に男を作りすぎ!」とフラれた事実を明かす。そして、誰もが「どういうこと?」と疑問を口にすると、明日花は「明日花キララを名乗っていた女がいたんです」との衝撃展開を話した。その女のせいで、元彼に全国を駆け回って別の男性と浮気していると勘違いされていたと説明し、スタジオメンバーを驚かせていた。

©AbemaTV,Inc.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング