1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

2人に1人が“秋に現れる肌疲れ”を経験…皮膚科医がケアポイントを徹底解説!

Entame Plex / 2021年10月8日 14時50分

写真

2人に1人が“秋に現れる肌疲れ”を経験…皮膚科医がケアポイントを徹底解説!

少しずつ肌寒い日が増えてきて、夏から秋への季節の変わり目を感じるこの時期。夏の間に受けた紫外線やエアコンによる乾燥などのダメージが蓄積して“夏の肌疲れ”を感じている肌は、乾燥、ごわつき、毛穴の開きといった様々なトラブルが発生しやすい状態にあります。そんな“夏の肌疲れ”を長引かせないためには、今のうちに肌状態に合わせた適切なケアを行うことが大切です。しかし、具体的にどうケアすればいいのかわからない、という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、皮膚科医・今泉明子さんが解説する、秋に現れる“夏の肌疲れ”をケアするポイント3つをみなさんにご紹介します。

■夏から秋の変わり目の肌トラブルに悩む女性の実態を調査!
“夏の肌疲れ”のケアポイントをご紹介する前に、実際に女性のみなさんは、 “夏の肌疲れ”としてどのようなダメージや悩みを持って、どのような対策を行っているのでしょうか。夏から秋の変わり目の肌トラブルに悩む女性の実態を調べた調査によると、2人に1人以上が“夏の肌疲れ”を経験していることが判明。特に、6割以上が「日焼け」や「乾燥」に悩んでいるという結果に。意外にも残暑に気になりそうな「ベタつき」といったお悩みよりも「乾燥」のお悩みが多いようです。



このような“夏の肌疲れ”に対して、約7割の女性が具体的なケアを実践していると回答。「保湿の徹底」や「パックをする」、「睡眠をとる」ことを行っている人が多く、年代別では20代の若い年齢層の方が、価格の高いアイテムを使っていたり、エステへ行ったりする人が多いこともわかりました。一方、残りの約3割は、具体的なケアを行っていない実態も明らかになりました。



また、今年夏の間のスキンケアが十分でなかったと感じている女性は6割以上もいました。その理由としては、「在宅勤務やマスク生活で“見られないから”という理由でスキンケアを怠ってしまった」「マスクをしているため日焼け止めの塗り直しをしなかった」「季節によってスキンケアを変えていないから」といった声が見られました。

■皮膚科医が解説!“夏の肌疲れ”3つのケアのポイント
夏の間にダメージが蓄積した結果生じている「乾燥」や「毛穴の開き」といった肌トラブル。このような“夏の肌疲れ”をケアするポイントについて皮膚科医・今泉明子さんに解説いただきました。

ポイント①:肌の潤いを守りながらしっかり汚れを落とす
メイクや汚れをしっかり落とすことも大切ですが、落としすぎは肌に必要な潤いまで奪ってしまいます。過剰なクレンジングや洗顔により天然保湿因子が奪われるため、肌本来のバリア機能が低下し、肌荒れやくすみといった肌悩みの原因となります。また、一方で普段のメイクをしっかり落としきれないのもNG。汚れが蓄積し、大人ニキビなど肌トラブルにつながってしまっている可能性もあります。
長引くマスク生活においては、マスクによる蒸れや摩擦が肌に負担をかけるだけでなく、汗・化粧などの汚れが蓄積して毛穴が詰まり、バリア機能が低下した肌にさらに追い打ちをかけてしまっています。その結果、肌表面だけでなく肌内部にもダメージを与えてしまっている可能性大です!このようなダメージを防ぐために、一日の終わりに行う洗顔・クレンジングの際は、肌の潤いを守りながら、メイクや汚れをしっかり落としきりましょう。

クレンジングの際には、生え際~フェイスライン、小鼻やアゴ周りなど見落としがちな部分まで丁寧に馴染ませること。摩擦はくすみ・シミの原因につながることもあるため、洗顔の際は、洗顔料を泡立ててから優しく肌の上を滑らせるだけにしましょう。泡立てないタイプの洗顔料の場合は、顔のフェイスライン~生え際の輪郭(Oゾーン)から洗顔していくことを意識するといいですね。「マスクの下は日焼け止めを塗っているだけ!」と思っている方でも、洗顔はクレンジング・洗顔料を使い、ぬるま湯でオフしていきましょう。

ポイント②:肌表面のべたつきに惑わされず、”内側”の保湿を意識
クレンジング・洗顔後はしっかりと肌を保湿しましょう。実は、毛穴の開きや皮膚のざらつき・くすみのような日常的な現象も肌内部の乾燥が関係しており、長引くと皮膚トラブルの原因につながることもありますので、肌の表面だけでなく、肌内部まで保水・保湿を心がけましょう。また、肌状態に合わないクレンジング・洗顔による落としすぎやスキンケア不足によって肌の水分や天然保湿因子が足りなくなると、ゆらぎ肌や敏感肌ひいては大人ニキビ・しみを引き起こすといった負のスパイラルに陥る可能性も・・・。

特に日本の夏は湿度が高いですが、室内ではエアコンを付けていることが多いため、実は肌は乾燥しやすい状態。さらに紫外線ダメージにより、肌内部の水分がますます奪われやすい環境にあり、自分が思っているよりも肌にダメージを受けていた可能性大!

そこで、クレンジング・洗顔の選び方やスキンケア方法の見直しが大切!いつもの化粧水を多め(500円玉3個分が目安)にとって、手の体温で温めながら肌に馴染ませるように浸透させたり、保湿パックを取り入れたりすることをおすすめします。夏の間からこのようなケアを行うことがベストですが、秋でもまだ間に合います。「私は肌の表面が乾燥しているわけじゃないから大丈夫!」と思っている人も、実は内側は乾燥しているかもしれません。今一度保湿ケアを徹底してみてください。

ポイント③:なるべく肌をこすったり触ったりせず、刺激を与えない
敏感な状態になっている肌には、できるだけ擦るなどの刺激を与えないようにすることが大切です。肌に摩擦を与えると赤みやくすみ、さらには肝斑を引き起こしたり、汚れた手で触ることで汚れが付着して炎症を起こしたり、にきび・吹き出物を起こしてしまうからです。また、この時期は、皮脂詰まりによる毛穴を刺激するようなケアは避けた方がベターです。ピーリングやゴマージュなどのあとは、普段よりもしっかり保水を心がけましょう。

コットンや手で化粧水を馴染ませてるときや洗顔時、肌をゴシゴシ擦っていませんか?スキンケアの最後に、肌を擦るようなマッサージをしていませんか?心当たりのある人は要注意!今日から、なるべく肌を擦らない、触らないように意識しましょう。どうしてもむくみが気になってマッサージをしたい場合は、擦るのではなく、保湿クリームを使ってリンパの流れをよくすることがおすすめです。また、スキンケアや洗顔、クレンジングもなるべく肌に負担がかからないものを選びましょう。

【皮膚科医・今泉明子氏 プロフィール】
日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。
聖マリアンナ医科大学を卒業後、皮膚科医として経験を重ねるほか、最先端の美容医療を学ぶため渡米。ニューヨーク ワイル・コーネル医科大学では皮膚の修復・再生にアプローチする「ペプチド」の研究に従事する。帰国後、都内皮膚科クリニック院長を経て、今泉スキンクリニック(六本木)を開院。日々診療を行う傍ら、国内外の学会・講演に登壇、世界中のドクターへ注入技術の指導を行うと共に、『ヒアルロン酸注射』『ボトックス注射』治療の啓蒙にあたる。

■肌への負担を減らすおすすめのクレンジング3選
皮膚科医・今泉明子さんの解説で“夏の肌疲れ”のケアには、肌の潤いを守りながら汚れ・メイクをしっかり落とすこと、保湿すること、刺激を与えないことが大切であることがわかりました。そこで、これらのポイントを押さえた、肌に優しいミルクタイプのクレンジング商品を編集部でピックアップしたのでご紹介します。

①カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク
3,300円(税込)/200g



「カバーマーク トリートメント クレンジング ミルク」は、ミルククレンジング市場売上No.1の人気を誇るクレンジングです。肌に優しい無添加・低刺激処方に加えて、美容液成分が89%配合されているので保湿力は抜群。メイクを簡単に落としてくれるクレンジング力を備えつつも、洗いあがりは、ついその後の保湿を忘れてしまうくらい、ももちもちとした潤い肌になっていることが実感できます。マツエク対応な点も嬉しいポイント。

②カウブランド 無添加メイク落としミルク
希望小売価格968円(税込)/ポンプ付150mL



続いてご紹介する「カウブランド 無添加メイク落としミルク」は、アレルギーを引き起こす可能性のある着色料・香料・防腐剤・鉱物油・アルコールなどをカットし、無添加・低刺激処方にこだわったクレンジングです。無添加の商品は高いイメージがありますが、この商品はおよそ1,000円以下で購入できるコスパの良さが魅力的です。べたつき感のないテクスチャーで、量を気にせず使えるので、体に塗った日焼け止めを落とすのにもぴったり。

③チャントアチャーム クレンジングミルク
2,750円(税込)/130mL



最後にご紹介するのは、天然ハーブがやさしく香る「チャントアチャーム クレンジングミルク」。石油系界面活性剤の強い洗浄力に頼らず、自然成分だけでメイクを落とすオーガニックのクレンジングミルクです。肌になじませるとミルクがオイルに変わり、すすぐとミルクに戻るという不思議な使用感。ミルクの時に水系の肌汚れを、オイルに変わると油系のメイク汚れを落とすという仕組みで、W洗顔が不要。オイルのクレンジング力と、ミルクの保湿力を兼ね備えた商品です。

■今のうちに“夏の肌疲れ”をケアしよう!
これから本格的な乾燥の季節が訪れます。その前に“夏の肌疲れ”をケアしておくことが大切。これまでご紹介してきたケアのポイントやおすすめの商品を参考に、今の肌の状態としっかりと向き合い、適切なケアをして秋冬を楽しく迎えましょう!

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング