ナイナイ岡村&矢部、注目の若手コンビは芸歴1年目の「ムニムニヤエバ」!?

Entame Plex / 2014年9月7日 23時45分

写真

ナイナイ岡村&矢部、注目の若手コンビは芸歴1年目の「ムニムニヤエバ」!?

日本で最も面白い漫才師を決める大会『日清食品 THE MANZAI 2014』の本戦サーキットに挑む「認定漫才師」50組が決定し、4年連続で同大会のMCを務めるお笑いコンビ:ナインティナインの岡村隆史と矢部浩之らが7日、東京・フジテレビで行われた特別番組『認定漫才師50組 大お披露目SP〜今年一番おもしろい漫才師は誰だ!?〜』の収録に参加した。

今大会は、2011年の「THE MANZAI」スタート以来過去最多となる1870組がエントリー。白熱した1、2回戦を勝ち抜き、本戦サーキットへの切符を手に入れた認定漫才師には、芸歴42年目の「ザ・ぼんち」をはじめ、「博多華丸・大吉」「2丁拳銃」ら芸歴20年を越すベテラン勢から芸歴1年目の「霜降り明星」「ゆにばーす」など多彩な面々が名を連ね、50組中20組が初認定というフレッシュな顔ぶれが出揃った。



認定漫才師のネタを見終えたナイナイ矢部は「1年目のコンビが50組の中に残ってるのはすごいなと思う。かたや、ザ・ぼんちさんは42年やっていらっしゃるんで」と感心すると、岡村も「ザ・ぼんちさんは、実際に漫才ブームの頃のTHE MANZAIに出てらっしゃった方ですから、決勝で漫才を見てみたいですね」とコメント。この日印象に残った若手コンビを聞かれた矢部は、結成1年目の「ムニムニヤエバ」の名前を挙げると、岡村も「事前番組では(本戦サーキットに向けて手の内を)隠してると思うんです。でも、ああいうギャグを持ってる人とかがいると(番組的に)助かります」と持ち上げながらも「でも決勝に残るかは分からないけど(笑)」と、期待を込めつつ皮肉った。そして、同期の「博多華丸・大吉」について、岡村は「いろんな想いがありつつ、またこうやって出てくることは尊敬します。2人は漫才をお客さんの前でずっとやってきてて僕たちとは全く違う」と、一目置いている様子だった。



また、ナイナイとしてネタ披露をする機会が何年もないことから、「THE MANZAI」に漫才師としての出演を報道陣から提案された矢部は「(岡村の肩にツッコむジェスチャーをしながら)なんでやねん!ってよう言わないです」と照れ笑いを浮かべると、岡村も「なんでやねん!ってなんでやねん言うて。違和感しかないです(笑)」と照れながら「テレビでずっとやってきたキャラクターもあったりしますから……。(2人で)センターマイクに出て行ってお客さんに『どうもーナインティナインです』って挨拶したり(僕らもお客さんも想像できなくて)違和感があるんとちゃうかな!? たまにイメージしたりもするけど……、僕らはネタやれって言われても絶対やらない(笑)」と話していた。すると矢部も「だから、そのためにも(ナイナイはTHE MANZAIでは)“サポート(する側)”だというのを声を大にして言いたい(笑)」と同調。これを受け岡村は「『THE MANZAI』の主役は漫才師の方々です。何なら僕たちはドリンクとか配ろうかなと(笑)。それくらいの気持ちでやらせていただいてます」と、謙遜しながら今大会をサポートする立場であることを強調した。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング