『たまこまーけっと』の牧野かんな役、長妻樹里に聞く声優の魅力とは

Entame Plex / 2014年10月11日 13時43分

写真

『たまこまーけっと』の牧野かんな役、長妻樹里に聞く声優の魅力とは

TVアニメ『たまこまーけっと』の牧野かんな、『中二病でも恋がしたい!戀』では七宮智音を演じた声優の長妻樹里。現在は歌手としても活動し、8月には、ファーストシングル「言えないアイスクリーム」をリリース。彼女は、なんでも以前は看護師として働きつつ、そこから声優の道へ。長妻樹里のこれまでの道のり、そして声優の魅力についてなど、いろいろと話を聞いた。



――樹里さんは、もともとは看護師。そこから声優への道に進まれたんですよね。
「人にはいろいろな人生の道があると思います。しかも、一度きりの人生。地元・北海道で過ごしていた頃は、声優になりたい夢を持ちながらも、まわりに同じ夢を持っている仲間もいなければ、都心から離れて暮らしていることもあって、なかなか現実感を持てませんでした。なので、その夢を心の中で抱きつつ、学生時代からボランティアとして続けていた福祉活動にも強く関心があったので、地元で看護師の資格を取り、上京すると同時に看護師として働き始めたんです」

——そこからどうやって声優に?
「看護師として働き出すと、今度はずっと抱えていた声優の夢を求めたくなり、仕事を終えては、今の事務所が運営する養成所(プロ・フィット声優養成所)へ通い、憧れだった声優の勉強を始めました。今でこそ高校生や大学生など若い生徒の方も多いのですが、私が20歳で養成所へ入ったときは、クラスの中で一番年下でしたね。まわりは、私と同じように仕事をしながら夢を追いかけている人たちばかりで。もちろん、早い時期から夢を追い求め、若くして夢をつかむ方もいます。でもこの業界、何歳から始めても、技術や才能的に劣るとか、始めるのが遅かったからという理由は当てはまらないんですよね。だから、そういうことはまったく気にしなくて良いと思います。実際、社会人経験をしたうえで声優としての現在を築いている方々も沢山いますし。私にとって、社会人としての経験は人としての心の基盤になり、その経験があったからこそ今の自分があるのかなって、強く実感しています」

――声優という仕事の魅力。樹里さんは、どのように感じていますか?
「私は今、ネットラジオ番組『マダ、ナイ、ラジヲ。』でパーソナリティの一人として参加させていただいているんですけど、そこでゲストとして出てくださったベテラン声優の古谷徹さんや野沢雅子さんとお会いして感じたのが、2人とも身体に電流が走るくらい“声にエネルギーを持っている役者さん”ということ。私はまだまだ駆け出しですが、“声自体に存在感や魅力を持った表現者こそが、声を通して命を吹き込む人なんだ”とお会いして感じました。これに関しては、本当に経験を重ねてこそできることなんだなと思います」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング