豪華キャスト出演の月9初の時代劇「信長協奏曲」、その脇を固めるのは……

Entame Plex / 2014年10月16日 11時13分

写真

豪華キャスト出演の月9初の時代劇「信長協奏曲」、その脇を固めるのは……

10月13日放送の初回視聴率は、15.8%と好調な滑り出しを見せた月9初の時代劇「信長協奏曲」。主演の小栗旬をはじめ、柴咲コウ、向井理、山田孝之、藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)など豪華キャストも話題となっているが、今作はm-floの☆Taku Takahashiが単独では初のドラマ劇伴を手掛けていることでも話題に。

時代劇とあって“和”の要素が重要視されるなか、DJとしても活躍する☆Taku Takahashiは、ロック、エレクトロ、ドラムンベース、ブロステップなど様々なサウンドをミクスチャーした楽曲を提供。第一話を終えてSNSには「冒頭から音楽かっこよすぎる」「見る楽しみが増えました」とのコメントが寄せられている。
「信長協奏曲」の演出の松山博昭氏も「月9初の時代劇。目指した劇伴は伝統的な日本音楽と現代音楽の融合。☆Takuさんの音楽は完璧で、美しく、映像に生命を吹き込んでくれました」と絶賛している。



☆Taku自身も今回劇伴を手掛けるにあたって「サントラを作るときは、常に監督がそのシーンを自信持って表現できるようにする音の手伝いだと思っています。今回のサントラプロデュースもそこにこだわりました。戦国時代の話なので、“和”のテイストをいれようとなったんですが、そこがトゥーマッチにならないようにする塩梅が難しかったところです。音をはめる工程で第1話を見たのですが、とても面白くとてもクオリティが高い作品です。是非多くの人に見ていただきたいなと思います」とコメントしている。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング