金子ノブアキ、“酔っぱらったときの俺と似てる”ハマり役「ハング」小沢俊介

Entame Plex / 2014年10月20日 12時1分

写真

金子ノブアキ、“酔っぱらったときの俺と似てる”ハマり役「ハング」小沢俊介

「現場はめちゃくちゃ楽しかったっすね。こういうむさ苦しい現場の方が得意なので(笑)」

そう語るのは金子ノブアキ。大河ドラマ「軍師官兵衛」をはじめ、役者として数々のドラマに出演すると同時に、ロックバンド:RIZEのドラマーとしても奮闘。今まさに八面六臂の活躍を見せる彼が、dビデオで現在独占配信中のスペシャルドラマ「ハング」出演にあたって、そんな率直な感想を開口一番語ってくれた。今回彼は市原隼人演じる主人公:津原英太の相棒、小沢俊介役を熱演。自ら“エポックな作品になった”と話す「ハング」、金子にとって今作が持つ意味とは……。



——今回の役、小沢俊介についてはどんな印象を持ってます?
「とにかく情に厚くて、一見軽薄そうだけど実は一番みんなのことを考えてる、ものすごくいいヤツですね。俺も大好きです」

——自分と比べてみてどうですか?
「似てると思いますね……酔っぱらったときの俺と(笑)。ただ、根はすごく真面目だと思うし、こういう役回りはある程度経験がないとなり得ない、でないとただのアホになっちゃうので。そういう意味でも彼はスゴいと思いますね。でもその反面、本人はきっと闇を抱えてるんだろうし、いろいろあったんだろうなって思いながら演じてました」

——小沢は今作の中でもかなりのキーパーソン、物語の核になってくるわけですが、もしも金子さんが小沢的な立場になってしまったらどうします?
「同じ判断がしたいなと思いますね。どうしても許せないことがあれば、とことん追い詰めたい。採算やプライドも度外視してね。小沢のそんなところにリスペクトが生まれたし、男として憧れます」

——でも、男にはモテるけど、女にはモテない感じですよね。
「そこがまたいいんですよ。めっちゃ風俗行ってるんだろうなって感じが(笑)。小沢は恋したら奥手でしょうね。しかも、いつもいい人止まりみたいな(笑)。でもそんな彼がすごく愛おしい。小沢でスピンオフできないかな(笑)」



——そんな小沢をはじめ、今作は濃いキャラクターが満載でした。
「ホント濃かったっすね。しかも男ばっかで(笑)。蓮佛(美沙子)さんも出てるんですけど、俺はほぼ会うこともなかったし。女のいない現場、目の保養にはまったくならないし、疲れはたまりやすいんですけど、とにかく楽しい現場でした(笑)。主演の(市原)隼人くんも、元々バンド(RIZE)で交流があって、歌ってもらったり、ライブに出てもらったりしてたんですよね。ただ、お芝居で共演するのは初めてで。いつかやりたいねって言ってたので、今回はまさに待望って感じで」

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング