門脇麦、今そのときしかできない作品、映画『シャンティ デイズ~』で主人公:海空(ミク)を熱演

Entame Plex / 2014年10月24日 16時27分

写真

門脇麦、今そのときしかできない作品、映画『シャンティ デイズ~』で主人公:海空(ミク)を熱演

2011年のデビュー以来、女優として着々とステップアップしてきた門脇麦。昨年は大河ドラマ「八重の桜」に出演し、2015年は連続テレビ小説「まれ」への参加も決定。若くして演技派として注目を集め、今後の活躍が期待される彼女の最新主演作『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』がいよいよ10月25日公開となる。

「すごく前向きな気持ちになれる、そして軽やか。さらには友達っていいなってほっこりできるステキな映画になったと思います。ヨガがテーマですけど、それだけではないですし」

と彼女が語るように、今作は日本初のヨガムービーとの触れ込みだが、門脇演じる主人公の本沢海空(ミク)と、W主演の道端ジェシカ演じるKUMIの人間ドラマも見逃せない。

今回はそんな本作の魅力を門脇自身にたっぷり語ってもらいました!



——今作はヨガがテーマになっていますが、門脇さん自身ヨガに興味は?
「実はこのお話をいただく前から、ストレッチ感覚でやりたいなって思ってて。何度かレッスンに通ったこともあり、身近な存在ではありました」

——ずっとクラシックバレエをやっていたんですよね。その経験は今回の撮影に活きました?
「柔軟性という意味ではクラシックバレエをやっていた分、苦労せずにできました。ただ、やっぱりクラシックバレエとヨガは別物で。特に呼吸が全然違いましたね。ポーズの形云々より、呼吸を通すことの重要性。そこが大きく違いました」



——今回、主人公の本沢海空(ミク)役を演じるうえで最も大変だったことは?
「津軽弁ですね。海空は青森県出身、それを体に叩き込まないと全く説得力がなくなってしまうので必死に練習しました。でも撮影が終わった瞬間、全部忘れちゃいましたけど(笑)」

——自分と海空、共通点はありました?
「結構ありました。最初に台本を読んだときも、あまり遠い存在だと思わなかったですし。ポジティブなところや小さいことをあまり気にしないところ、そのあたりは近いかもしれないです」

——海空ってすごくフレンドリーというか、素直で誰とでも仲良くなれるところはうらやましかったです。ただ、その反面……ってところもありましたが。
「確かに時と場合によっては、もう少し思慮深く生きた方がいいと思いますけど(笑)、あの性格はうらやましいですね。あんなふうに人に近づいていけるところとか。私との一番の違いは、その人間関係の構築の仕方。そこは演じながらいいな〜って思ってました。ただ、一方で最初はなんて図々しい女なんだろうと思ってて(笑)。でも、キャラクターとしてどこか憎めなくて、愛らしくて、ちょっと応援したくなる、そんな女の子にしなくてはいけなかったので、撮影中もどこまで図々しくするべきか、そこは悩みましたね。しかも、成長しどんどん変化していく役でもあったので、場面場面でどんなテンションでいたらいいのか、そういったさじ加減は難しかったです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング