肉食系アクション映画『ヘラクレス』のブレット・ラトナー監督に来日インタビュー!

Entame Plex / 2014年10月29日 20時1分

写真

肉食系アクション映画『ヘラクレス』のブレット・ラトナー監督に来日インタビュー!

ギリシャ神話史上最強の英雄ヘラクレスを、ハリウッド・マネーメイキングNo.1のドウェイン・ジョンソンが縦横無尽に暴れまわって演じた肉食系アクション『ヘラクレス』が公開中! 洋画のアクション作品が苦戦を強いられている昨今、10月24日より全国633館で3D、2Dともに上映され、週末以降の累計興行収入は1億3,880万円を記録。今週末の11月1日(土)ファーストデー、3連休の興収も期待大だ。この話題作『ヘラクレス』について、今回は公開前に来日を果たしたブレット・ラトナー監督にインタビュー。みんな大好き! ラトナー監督印の痛快活劇を生み出す秘訣などを聞いた。



――プロレスラー:ザ・ロックとしても知られるヘラクレス役のドウェイン・ジョンソンが雄叫びを上げ、兵士を鼓舞する口上を披露するシーンなど、普段のロック様がプロレスリングでやっている人気演出ですが、意図的な演出ですよね?
「いや、そうじゃないよ。プロレスラーとしてだけでなく、彼の人間性を参考にしたまでだ。彼はとてつもないカリスマで、人のヤル気を喚起する男。職業倫理、プロ意識が異常に高いわけだ。2時とか4時とか日が昇る前に起きて何度もワークアウトをして――それって朝8時ころの撮影のためにだ。ワークアウトの後にステーキを8枚と卵焼きを12個食べて、それからまたワークアウト。そういうことを参考にして、役柄の要素を強めてみたよ」



――それ尋常じゃないですね(笑)。確かに映画を観ると、人間臭いヘラクレスでした。自分の運命に苦しみ、ヒロイックな存在の前にひとりの人間という意味で斬新ですね。
「もともとの伝説や神話は知っていたが、この映画の元になったグラフィックノベルを見た時に、ヘラクレスの脱神話を描いていた。そこにクロサワ(黒澤明)の『七人の侍』みたいな傭兵が出てくる。それは、これまでのヘラクレスとはまったく違うもので、面白いと思った。伝説や難業は知っていたが、確かに人間ヘラクレスのことは誰も知らない。彼自身もゼウスの子であることを信じていないが、自分の中にある力に気づいてヒーローになっていくんだ」

――その延長で、人間味が出るリアルなアクションにこだわったわけですか? “300(スリーハンドレッド)”的なフルCG全開で描くスタイルが流行っているので、そういう選択肢もあったと思いますが。
「スタジオはもっとCGIを使えって言っていた。でも、この映画は地に足がついた生々しい映画にしたかったので、セットを絶対作ると言い張った。そこで、国外のブタペストでセットを作った。物価や労働コストは安かったが、それでもかなり金はかかったかな。でも、CGIで作る方が巨費はかかったと思う。なので、完成度はこっちのほうが上だと思うよ」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング