2015トリンプ・イメージガール、目指すは世界、そして女優

Entame Plex / 2014年11月12日 14時4分

写真

2015トリンプ・イメージガール、目指すは世界、そして女優

これまで、吉岡美穂や仁科仁美を輩出してきたトリンプ・イメージガール。その2015トリンプ・イメージガールが発表された。249名の応募者の中から栄えある第23代目となるイメージガールに選ばれたのは、モデル、タレントとして活躍し、2014ミス・アース日本代表にも選ばれた永田レイナ(22歳)と中学生時代からモデルとして活躍し2012ミスティーンジャパンの準グランプリに選ばれた鎌滝えり(19歳)。10月29日に発表会が行われ、いよいよその活動がスタートした2人に早速直撃。2015トリンプ・イメージガールの素顔とは?



——2015トリンプ・イメージガールとしての活動がスタートしたわけですが、今の率直な気持ちは?
永田レイナ(写真左:以下、永田)「やっと皆様にお伝えできるなっていう気持ちがとても大きいですね」

鎌滝えり(写真右:以下、鎌滝)「正式にイメージガールとして活動できるようになり、素直に嬉しいです。より意識が高まりました」

——永田さんは、オーディションのときから合格する手応えがあったと聞いていますが、なぜそう思ったのでしょうか?
永田「それは感覚に……ですね。これまで様々なオーディションを受けてきて、今日はダメだったなとか、このオーディションは通ったなって思うときが結構あって。おこがましい言い方なんですけど、今回のオーディションは、本当にご縁を感じていて」

——それは直感的なもの?
永田「そうですね。何がというわけでもなく、そう思ったんです。あくまで自分の感覚です」

——その直感は普段から当たるものなんでしょうか?
永田「かなりの確率で当たりますね、不思議なことに(笑)」

——鎌滝さんはそういった経験は?
鎌滝「ないですね……まだそこまでオーディションの経験が少ないというのもあるかもしれないですけど。今回のオーディションに関しては、私はそんなに身体に自信がある方ではないので、まさか選んでいただけるとは思っていなくて。でも、オーディションの時は全く緊張することなく、不思議な感じでフワフワしていたので、合格したときは本当にビックリしました」

——緊張しなかったのが良かったのでは?
鎌滝「そうかもしれないですね。いつもの自分が出せましたし」

——今回イメージガールに決定したわけですが、実のところ下着姿で人前に出るのっていかがですか?
永田「恥ずかしさとかは全くないですね。女性向けのお仕事ですし、抵抗感もまったくないですね」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
Entame Plex

トピックスRSS

ランキング