イマドキ妖怪に注目! 声優×アイドル、「くつだる。」のマボロシ☆ラ部がCDデビュー

Entame Plex / 2014年12月3日 15時22分

写真

イマドキ妖怪に注目! 声優×アイドル、「くつだる。」のマボロシ☆ラ部がCDデビュー

「アニメが自分たちの歌で始まるっていうのは、不思議な感覚」(佐藤日向 / 写真右)

「毎日わちゃわちゃしてます」(島ゆいか / 写真左)

「(妖怪が)見たいです!」(堀内まり菜 / 写真中央右)

「新しい妖怪ブームのきっかけに」(金井美樹 / 写真中央左)

現在、NHK Eテレで放送中のテレビアニメ「くつだる。」で声優として活躍しつつ、このたび主題歌~挿入歌~エンディングまでも担当することになったユニット:マボロシ☆ラ部。堀内まり菜、金井美樹、佐藤日向、島ゆいか、それぞれアイドルや女優、声優として活動していたメンバー4人によって結成されたこのスペシャルユニットがいよいよCDデビュー。今回はそれを記念しフレッシュな4人にインタビュー。マボロシ☆ラ部、そして「くつだる。」について、話を聞いてきました。



——マボロシ☆ラ部として活動してみてどうですか?



佐藤日向(以下、佐藤)「こんなに実年齢が離れたグループは私自身初めてで……(笑)」



金井美樹(以下、金井)「そんなに離れてないよ!」



堀内まり菜(以下、堀内)「2歳だけだからね!」

佐藤「こわ~(笑)。自分が今まで年上だったので、私はすごく新鮮な感じです」

——でも仲はすごくよさそうですね。
佐藤「そうなんです! 仲いいです」

金井「いつもなめられているんですけど……仲はいいです。スタッフさんにもしょっちゅううるさいって怒られてます(笑)」



島ゆいか(以下、島)「毎日わちゃわちゃしてますね。私はユニットで活動するのは5年ぶりだったので、最初はちょっとドキドキでしたけど、みんな元から知っている人たちだったし、安心感はありました」

——「くつだる。」では声優をしながら、主題歌&エンディングも担当することになりましたね。
佐藤「声優をしているアニメが自分たちの歌で始まるっていうのは、不思議な感覚というか、見ていてもすごくワクワクしますね!」

——今回のCDには全部で3曲収録されていますけど、全部違った感じの曲ですね。
島「そうなんです。『くつだる。』の主題歌にもなっている『Merry Go World』はかわいい女の子って感じで、挿入歌の『マボロシ☆ラ部』はちょっとかっこいい感じ。エンディングの『記念日ノート』は、私たちのいつもの姿、楽屋の雰囲気とかを見て歌詞を書いていただいたんですけど、自分たちが普段意識せずにしていることを歌詞にしてもらうとこんな感じなんだなって、新たな発見もあったりして。どの曲もいい曲だと思いますし、私は学校の行き帰りにも聴いていて、気がつくと歩くスピードがあがってます(笑)」

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング