大宮エリー、12月13日銀河劇場で生まれる新たな物語、イベント「物語の生まれる場所」開催

Entame Plex / 2014年12月4日 20時11分

写真

大宮エリー、12月13日銀河劇場で生まれる新たな物語、イベント「物語の生まれる場所」開催

“以前から心の中では密かに思っていたやりたかったこと”
“練習もきっちりやる、でも最終的には違うことを……”
“豚の細切れですけどめちゃくちゃうまいよ”
“何も準備をしないでぶっつけ勝負というのは嫌い”

大宮エリーは、「物語の生まれる場所」についてそう話す。



脚本家であり作家、映画監督、ディレクター、パーソナリティ……、とにかく様々な分野で活躍、マルチな才能を発揮している大宮エリーが、今最も大事な表現の場、次のフェイズとして力を入れているのが本イベント「物語の生まれる場所」。そこでは、大宮が朗読し、そこに様々なミュージシャンが音楽を加え、物語を生み出していく。今回は12月13日に行われる拡大版イベントを前に、その魅力について大宮本人に改めて聞いてみた。

——今回は、初の銀河劇場公演。規模も大きくなり、ゲストも多数参加。これはスペシャル版と考えていい?
「そうです。ある種の集大成であり、挑戦でもありますね。もともと、去年私が個展をやり過ぎて病んじゃったことからスタートしたんですけど、それがここまできたかと……」



——それは「物語の生まれる場所」が生まれるきっかけ?
「(去年は)個展を8個もやっちゃって、もう何もしたくないって思ってたら、ミュージシャンの友達のおおはた雄一君がライブとかやれば治るんじゃない?みたいな感じで誘ってくれたのがきっかけなんです。ライブって言ったって私は何すればいいのって感じなんですけどね。歌えるわけでも楽器を弾けるわけでもないのに。そしたら朗読すればいいじゃんって。でも、やってみたらこれがまた結構ウケて。目黒のクラスカでやったときには、ツイッターで宣伝しただけなのにチケットは完売。当日は200人ぐらい来ちゃって。孤独な人って結構いるんですよね」

——その他にもパルコミュージアムなどで開催したり、夏フェスでもやられたんですよね。
「いろいろな場所でやってきたんだけど、毎回チケットが取れないっていう人がいたんです。そういった方たちに悪いから、たまには大きめな会場でってことになり、会場を探していたら銀河劇場でやらせていただけることになって。素敵な劇場だし、すごく嬉しいんですけど……キャパが700人。デカすぎて、ちょっとプレッシャーっていう」

——でも、ある意味大宮さんの燃え尽き症候群のリハビリの場が、ここまで大きくなったのはすごいですね。
「私の中でも次のフェイズだったんですよ。やってみて思ったんですけど、これは以前から心の中では密かに思っていたやりたかったことであり、場所でもあったんだなって。自分の書いた物語を読んでいくんですけど、お客さんが毎回違うからやることも違うし、お客さんを見て即興で話をし、ミュージシャンに音を付けてもらう、そのライブ感が楽しいんですよね」

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング