きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「もんだいガール」が初のドラマ主題歌に

Entame Plex / 2014年12月18日 15時4分

写真

きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「もんだいガール」が初のドラマ主題歌に

1月15日(木)よりスタートする新ドラマ木曜劇場「問題のあるレストラン」(フジテレビ系)の主題歌を、きゃりーぱみゅぱみゅが担当することが決定した。

先日、自身最大規模のアリーナツアー「きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX」を成功させ、自身3度目となるNHK紅白歌合戦への出演も決定しているきゃりー。そんな彼女が初ドラマ主題歌を担当することになった。
今回の楽曲もサウンドプロデューサー、CAPSULEの中田ヤスタカによるもので、ドラマのために書き下ろされたもの。注目のタイトルは「もんだいガール」。これは、ひとりひとりが持つユニークな個性や常識に捕らわれない勇気などを応援するきゃりーぱみゅぱみゅらしい内容と、理不尽な男社会で奮闘する女性たちを描いた、ドラマのテーマとのユーモア満載なコラボレーションが実現した楽曲となっている。

今回の件についてきゃりーは「初めてのドラマ主題歌を担当することができ、すごくうれしいです。自分の素直な気持ちがふんだんにつまった、私らしいおもしろい曲に仕上がったかと思います。2015年第1発目の新曲として、とてもパンチのある作品ですので、ぜひ楽しみにしていてください!」とコメント。

なお、「問題のあるレストラン」は、坂元裕二脚本、真木よう子主演により1月15日(木)よりスタート。現代社会に生きる人々のハートを、明るく楽しく暖かくする作品となっている。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング