安住アナ、仲間由紀恵とレコ大司会「紅白では見れない(仲間の)一面を引き出したい」

Entame Plex / 2014年12月18日 19時33分

写真

安住アナ、仲間由紀恵とレコ大司会「紅白では見れない(仲間の)一面を引き出したい」

年末恒例「第56回輝く!日本レコード大賞」(TBS 12月30日午後5:30放送)の総合司会をつとめるTBSアナウンサーの安住紳一郎と女優・仲間由紀恵が、本日18日同局で揃って記者会見を行った。



「日本レコード大賞」の総合司会は、安住が今年で3年連続3回目、仲間は今回が初。同番組のプロデューサー曰く、これまで仲間にはずっとオファーしていたとのことで、今回満を持しての出演となる。



この日、2人が会場に登場し挨拶を終えると、安住は開口一番「2人で並んで座ると田中哲史さんになった気分」と仲間の結婚ネタで会場を沸かせ、レコード大賞当日も楽しいステージをと抱負を語った。そんな安住に対して「安住さんは楽しむとおっしゃいましたが、私は緊張感を持って最後まで務めたい(笑)」と笑顔で話す仲間。



会見が進むと2人の会話も弾み、仲間は様々な番組で安住と共演しそのイメージが変わったらしく「白か黒かと言われるとグレーな方だと思います(笑)」と話すなど、安住に負けじと仲間も会場に笑いを振りまいていた。



また、今回のレコード大賞で注目しているアーティストについて話が及ぶと、両者ともに大賞はだれがとってもおかしくないと話しつつも、仲間は「今年は朝ドラ「花子とアン」に出演させていただき、その前(「ごちそうさん」)の主題歌がゆずさんだったので、その曲はついつい口ずさんでいました」とコメント。すると「吉高(由里子)さんと一緒にNHKで活躍されていただけに、向こう(紅白歌合戦)の道もあったのでは?」と切り込み、またまた会場を沸かせる安住。仲間が「レコ大の司会として呼んでいただいて光栄です」と切り返すも、彼女が過去4度紅白の司会をつとめ、これは黒柳徹子と佐良直美に次ぐ回数だと追い打ちをかけ、最後は「(仲間は)実際に会うと結構おしゃべりなイメージで、そんな人懐っこい感じは歌合戦では見れなかったので、今回はそういった面を引き出したい」とレコ大にかける意気込みを熱く語った。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング