自宅が「俺のイタリアン」に! オリジナルのピザに当選者も大満足

Entame Plex / 2014年1月28日 19時50分

写真

自宅が「俺のイタリアン」に! オリジナルのピザに当選者も大満足

2013年11月1日より行なわれている「雪印北海道100 北海道100%チーズフェスティバルキャンペーン」。クイズに答えるだけで「俺のイタリアン」のシェフ:日高孝太朗氏が自宅でオリジナルピザを焼いてくれるというこの企画。このたび、その第一弾の当選者が発表され、当選者のもとへピザが届けられた。

今回の当選者は埼玉県熊谷市在住の夫婦。応募のきっかけは「ネットでたまたまこの企画を知って応募したんですが……まさか当たるとは思ってなかったです。 「俺のイタリアン」は行った事がなかったのですごくうれしい」とのこと。当日は、当選者のお宅に電気竃と日高シェフが伺い、当選者の目の前でピザを作る、 しかもそれらはお店でも出していないオリジナルのものということで、当選者のご夫婦も期待大の様子だった。



この日作ったピザは全部で4品。まず最初はチーズがたっぷり使われ、シンプルな味付けの生ハムとルッコラのピザ。2品目はトリュフとボルチーニがエッセン スとなった高級感満載のビスマルク。3品目には、原価無視の贅沢ピザ、魚介好きにはたまらない北海道100&魚介の贅沢グルメピザ。そして最後は珍しいピ ザのデザート、世界でもあまり例を見ないタルトタタンがもてなされた。その他にも、この日は「俺のイタリアン」でも提供されているワインがふるまわれるな ど様々なサービスも盛りだくさん。当選者の夫婦も至れり尽くせりのサービスに終始笑顔が絶えなかった。



全部で4品、たっぷりとピザを堪能したあとには、シェフとの会話を楽しみ、記念写真も撮影。2人とも大満足のようで旦那さんは「1日でこれだけの種類のピザを食べることもないし、お店に行く以上に有意義な時間でした。個人的には魚介のピザがすごくおいしかったです」、奥さんは「こうやって目の前でシェフが料理する姿を見て、自分も同じチーズを使って、シェフのようにはいかないけどもっといろいろ作ってみようと思いました。普段は食べられないピザを4品も食べることができ、すごく幸せでした」と話してくれた。

今回料理を提供した日高シェフも終了後「普段はこういった経験、お客様の自宅に行くことはないので、すごく興味深い1日でした。自分自身も勉強になりましたね。今回はせっかくの機会なのでいろいろなピザを提供したいと思い4品作りましたが、様々な種類がありどんな料理にも対応できる雪印のチーズだからこそできたことだったと思います。今後もがんばっていきたいです」とコメント。

この企画は、現在も応募を受付中で、第二回の応募締切は2月20日となっている。自宅でシェフの料理が味わえる「雪印北海道100 北海道100%チーズフェスティバルキャンペーン」、興味のある方はぜひ応募してみては。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング