夏休みを遊び倒せ!スバルの参加型イベント「アクティブライフスクエア」が熱い!

Entame Plex / 2015年7月21日 14時27分

写真

夏休みを遊び倒せ!スバルの参加型イベント「アクティブライフスクエア」が熱い!

7月18日(土)~8月31日(月)、お台場夢大陸の会場にて、スバル主催の「アクティブライフスクエア」が開催されている。

このイベントは、自動車ブランド・スバルが提案する参加型の内容で、今年で5年目を迎える。今年は”アクティブライフ”をテーマに「アクティブSUV 同乗試乗体験」や、小学生を対象にした「カート体験」などが行われている。





「SUV 同乗試乗体験」コーナーでは、オフロードをイメージしたアトラクションコースにて、スバルSUVシリーズの走破性を体験できる。岩場を模したロックエリアや急斜面エリアで安定性を味わったあとは、運転支援システム「EyeSight(アイサイト)」による安全性も体感できる。前方の車をロックし、アクセルやブレーキを踏まずとも自動的にスピード調節して追従したり、CMでもおなじみ、ぶつかる直前に急停車するプリクラッシュブレーキなど、遊園地の絶叫マシーンの顔負けだ。とくにプリクラッシュブレーキは、実際に使う機会は限られるため貴重な経験となるだろう。



「カート体験」コーナーでは、小学生たちが真剣な表情を見せた。「こっちがブレーキ、こっちがアクセル、交互に踏んでみて」など、スタッフの事前講習に耳をかたむけ、補助付きのもと、サーキット内で運転を存分に楽しんでいた。終了後、ほっと笑顔を見せ母親に手を振る子どもの姿もあった。



子どもたちの多くがカート初体験。終了後に小学4年生の男児は、「面白かった。けど途中で(アクセル・ブレーキ)どっちかわかんなくなっちゃった。また乗りたい!」と感想を口にした。

そのほかにも「アクティブライフスクエア」はイベントの期間中、さまざまなプログラムを用意している。7月25日(土)には、2020年東京オリンピック・パラリンピックで多くの競技を開催するお台場・有明地区をゲストとともに自転車で巡る「ツール・ド・湾岸 出発式」があり、8月8日(土)・9日(日)と8月22日(土)・23日(日)の2週末には「ボルダリングコーナー」が設置される。また8月15日(土)には、スバルのレーシングドライバーやレーシングカーが終結するスペシャルイベントも予定されている。



会場には、親子連れを中心に多くの人々がつめかけた。本格的な夏休みがおとずれるにつれ、さらなる人出となりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング