乃木坂46・松村沙友理、映画「心が叫びたがってるんだ。」舞台挨拶でまさかの涙

Entame Plex / 2015年10月18日 12時0分

写真

乃木坂46・松村沙友理、映画「心が叫びたがってるんだ。」舞台挨拶でまさかの涙

10月17日、都内にて映画「心が叫びたがってるんだ。」の舞台あいさつが行われた。

同映画は、9月19日より全国公開され、10月16日時点で累計動員62万人以上、累計興収8億円以上を記録中だ。制作は人気アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」のスタッフが担当している。



10月28日に、本作の主題歌になっている乃木坂46の13thシングル「今、話したい誰かがいる」が発売されることから、イベントにはシングル選抜メンバーから、秋元真夏、衛藤美彩、齋藤飛鳥、高山一実、深川麻衣、星野みなみ、松村沙友理が登壇した。



乃木坂46メンバーでも屈指の「アニヲタ」として知られる松村が、冒頭あいさつで「初めて制作発表があったときからすっごい楽しみにしてたんですよ!」「エッ! マジで! やるのって」「歴代の(脚本担当する)岡田麿里作品が大好きで! その主題歌ってめっちゃ大事じゃないですか!!」などと興奮気味に語り、「映画に関われただけでもすごいことなのに、うれしくて…」と泣き出す事態に。



また、衛藤が「さゆりんはレッスン着も『あの花』のTシャツ」とコメントすると、松村は「『ここさけ』のTシャツもこの映画館(シネマメディアージュ)に買いに来て持ってるんですよ」「今日も一応持ってきました」と答え、その“ガチ”っぷりを明かした。

その後も、映画への熱い思いを早口で語る松村に、進行は「松村さんひとりのトークショーになってしまうので…」と、たしなめた。

「作品と主題歌の歌詞がリンクする部分」に話が移ると、秋元は歌詞を確認するためか、「ふふふふ~ん♪」といきなりアカペラで歌い出す。すると松村は思い入れの強さからか「そんな歌でしたっけ?」とイジった。



さらに、映画のストーリーが「高校生たちが地元の人にミュージカルを見せるため奮闘する」ことから、「もしミュージカルをやるなら各自、どんな役割?」との話に展開すると、高山は「主役は無理なので、準主役で一番セリフが少ない役」と難題な希望を出す。



齋藤が「主役はみんなに愛される子がいい。まいまい(深川)やみなみ(星野)ちゃんが…」と話を振ると、星野は「私は動物とか、『ワン!』とかひと言だけの準主役がいい」と、これまた無理な注文を出した。深川は裏方希望のようで「みんなの衣装を作りたい」と意欲を見せた。

終盤には、齋藤が「この舞台あいさつで映画の魅力が伝わったか不安ですが、ステキな作品です。また乃木坂の曲もいいなって思ってくれたらうれしい」とまとめ、深川も「どの登場人物の立場に共感するかで大きく内容が変わってくると思う。とても心が温まる映画です」と作品をアピールし締め括った。

映画「心が叫びたがってるんだ。」は、全国公開中。
©KOKOSAKE PROJECT

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング