ウーマン村本、「MYNAMEのファンにも手を出したい!」

Entame Plex / 2014年3月26日 23時2分

写真

ウーマン村本、「MYNAMEのファンにも手を出したい!」

音楽とともに5人の韓国の若者がステージに登場すると、割れんばかりの黄色い声援が巻き起こる。これは、3月26日、池袋サンシャインシティ噴水広場にて行われたビジュアルアイドルグループ『MYNAME(マイネーム)』の2ndアルバム記念イベントで、会場にはおよそ3,000人以上のファンが集まっていた。吹き抜けの噴水広場は10~20代の女性ファンに埋め尽くされ、まだまだ根強いK-POPの実力を見せつけていた。

韓国のトップR&BシンガーHwanhee(ファニ)がプロディースしたMYNAMEの1stアルバムはオリコンウィークリーチャートで3位を獲得。甘いマスクとキレのあるダンス・サウンドで正統派ポップミュージックの道をいく彼らだが、イベントではニューアルバムから4曲を披露し、“ミンナデ歌オウ!”とオーディエンスを巻き込み、噴水広場はライブ会場さながらの状態に。この様子は投稿動画配信サービス『niconico』でも配信され、そのパフォーマンスの高さから、「歌うまいな」「いますぐ池袋に行きたいwww」「キレがある」「平日の真っ昼間とは」とコメントが飛び交っていた。

このイベントの司会進行をつとめたのは、芸人のウーマンラッシュアワー:村本大輔としずる:村上純。K-POPに詳しいしずる:村上は「ほんとにファンの人を思って活動されているんだな、と今日のステージで感じました」と語り、一方でウーマン:村本は「みんなノリノリで。お笑いのライブでもこれくらい一体感がほしいよ」とコメント。

「それにしてもお客さんがカワイイ」と会場を見渡すウーマン:村本。“ぼくはファンに手を出している。他の芸人のファンにも出したい”と公言している彼だけに「MYNAMEのファンとかいかがですか?」としずる:村上が質問すると、「あると思います!」とお得意の“ゲス発言”も飛び出し笑いを誘っていた。

Entame Plex

トピックスRSS

ランキング