2018年通年の国内トラディショナルPC市場、法人市場は前年比17.5%増で789万台と活発化――IDC発表

EnterpriseZine / 2019年2月25日 16時45分

参考資料1:2018年第4四半期 国内トラディショナルトPC出荷台数 トップ5カンパニーシェア(作成:IDC Japan)

 IDC Japanは、日本国内におけるトラディショナルPC市場出荷実績値について発表した。これによると、2018年第4四半期(10月~12月)の国内トラディショナルPC出荷台数は、法人市場が前年同期比27.5%増の213万台、家庭市場は同比6.0%増の109万台、両市場合わせて同比19.3%増の322万台となった。

法人市場ではWindows 10への移行が本格化

 2018年通年では、法人市場は前年比17.5%増で789万台、家庭市場は同比6.4%減の402万台、全体で同比8.2%増、1,191万台となった。カンパニーシェアは、レノボ/NEC/富士通グループが2017年より1.3ポイントのシェアを伸ばし42.2%で1位だった。2位と3位は拮抗しているが、日本HPが2位で14.6%、Dellが13.6%で3位となっている。

 法人市場では、Windows XPの延長サポート終了に向けて2013年から2014年前半に大量に購入されたPCの買い替えが起こっていること、また、2020年1月に予定されているWindows 7の延長サポート終了を見越したWindows 10への移行が本格化していることから、出荷が非常に活発になっている。

 インテルCPUの供給問題が国内ベンダーを中心に出荷の押し下げ要因になったが、それほど影響を受けていないベンダーの製品への切り替えや比較的潤沢なCPU搭載モデルの提供を強化するなどして、法人市場全体への影響は比較的小さかったとIDCではみている。

 家庭市場では、5四半期ぶりにプラス成長となった。プラス成長の背景には、12月に実施されたPayPayの総額100億円のペイバックキャンペーンが、高額商品の拡販の契機付けとなりPCも恩恵を被ったこと、17年第4四半期の前年同期比が6.8%減と低調であったことなどが考えられる。

カンパニー別ではレノボ/NEC/富士通グループが43.1%のシェアでトップ

 2018年第4四半期のカンパニー別の出荷数上位5社は以下の通り。

 レノボ/NEC/富士通グループは、グループ全体で前年同期比20.8%増。法人市場、家庭市場共に好調で、法人市場が同比28.4%増、家庭市場が6.1%増だった。グル―プ内の各ブランド別にみると、レノボの法人市場よび家庭市場における伸びが特に目立っている。

 富士通は、同グループ内で出荷数規模が最大のブランド。法人市場で前年同期比14.9%増と、市場平均を大きく下回り、インテルCPUの供給問題の影響を受ける結果となった。家庭市場では同比1.5%減だった。NECは、CPU供給不足が徐々に緩和しており、法人市場が同比28.3%増と復調に向かっている。家庭市場は4.6%増だった。レノボは、前四半期に引き続き好調で、法人市場は前年同期比50.6%増と大躍進した。家庭市場も同比21.1%増と好調。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング