2018年 国内サーバー市場、通年の売上額は5,067億円、前年比7.6%のプラス成長――IDC発表

EnterpriseZine / 2019年3月26日 18時0分

参考資料1:国内サーバー市場の推移、2014年~2018年(作成:IDC Japan)

 IDC Japanは、2018年通年の国内サーバー市場動向を発表した。2018年の国内サーバー市場全体の売上額は5,067億円で、前年から7.6%増加した(参考資料1)。出荷台数は52万9千台で、前年から2.8%増加した。

x86サーバーの売上額は2桁成長、国内サーバー市場を牽引

 2018年の国内サーバー市場は、昨年に引き続き、前年比プラス成長となった。製品別では、x86サーバーの売上額が前年比2桁のプラス成長となり、国内サーバー市場を牽引した。また、その他のサーバーもプラス成長となった。一方、メインフレームは、2桁のマイナス成長となった。

 x86サーバーは、売上額が前年比15.6%増の4,143億円。クラウドサービスベンダーや、企業のデータセンター向けの大口案件、官公庁や文教におけるテクニカルコンピューティング用途の大口案件などがあり、出荷台数が前年比プラス成長になった。

 加えて、x86サーバーの平均単価が前年比で上昇し、売上額の2桁プラス成長に貢献した。なお、クラウドサービスベンダーを主な出荷先とするODM Directの売上額は、前年比21.3%増の567億円、ODM Directを除いたx86サーバーの売上額は、前年比14.8%増の3,576億円だった。

 その他のサーバーは、前年比6.2%増の387億円。通信、金融、官公庁におけるミッションクリティカル用途の更新案件などがあり、4年ぶりにプラス成長となった。メインフレームの売上額は、前年比29.5%減の538億円だった。前年は金融、官公庁、製造における基幹系システム更新の大型案件があったが、今年はその反動で2桁のマイナス成長となった。
参考資料1:国内サーバー市場の推移、2014年~2018年(作成:IDC Japan)

 IDC Japan エンタープライズインフラストラクチャ リサーチマネージャーの下河邊雅行氏は、次のように述べている。

 「x86サーバーの出荷台数のプラス成長に加えて、同サーバーの平均単価が上昇し、国内サーバー市場が大幅にプラス成長した。x86サーバーの平均単価が上昇した理由は大きく2つある」。

 「ひとつは、ソケットケイパビリティ別のサーバー出荷台数構成比が変化したことである。具体的には、x86サーバーの総出荷台数において、1ソケットサーバーの構成比が低下し、2ソケットサーバーの構成比が上昇した。これは、大口案件をはじめ、データセンターやテクニカルコンピューティング用途の出荷台数が増加したことが背景にあるとみている」。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング