SoE/SoI向けサーバーに成長余力、2023年までCAGR1.0%で推移――IDCが国内サーバーシステムタイプ別予測

EnterpriseZine / 2019年5月27日 17時0分

参考資料:国内サーバー市場 システムタイプ別 支出額予測、2018年~2023年(作成:IDC Japan)

 IDC Japanは、国内サーバー市場のシステムタイプ別予測を発表した。IDCでは、システムタイプを「SoR(Systems of Record)」「SoE(Systems of Engagement)」「SoI(Systems of Insight)」「システム基盤プラットフォーム」「機器/装置制御システム」の5つに分類しており、5つのセグメントのうち、「SoR」と「SoE」および「SoI」を合算した「SoE/SoI」、および「システム基盤プラットフォーム」と「機器/装置制御システム」を合算した「Other」の3つのカテゴリーについて、サーバー市場の予測値を提供している。

2019年の国内サーバー市場は前年比2.1%増の5,536億円と予測

 2019年の国内サーバー市場の支出額は、前年比2.1%増の5,536億円と予測している。システムタイプ別の支出額を見ると、SoRが前年比1.4%減の2,061億円、SoE/SoIが同1.2%減の608億円、Otherが同5.6%増の2,867億万円。

 また、2023年の同市場は5,301億円を見込んでおり、2018年~2023年の5年間における年間平均成長率(CAGR:Compound Average Growth Rate)はマイナス0.4%と予測している。

 システムタイプ別では、SoRが1,876億円でCAGRはマイナス2.1%、SoE/SoIが648億円で同1.0%、Otherが2,778億円で同0.5%。SoR向け出荷が低迷する一方で、SoE/SoIおよびOtherシステムタイプ向け出荷は堅調に推移すると予測される。
参考資料:国内サーバー市場 システムタイプ別 支出額予測、2018年~2023年(作成:IDC Japan)

 SoRは、主にビジネストランザクションの記録に関わるシステム。国内では生産年齢人口の減少が続いており、人や企業の活動によって発生するビジネストランザクションが今後大きく増加するとは考えにくい状況にある。

 SoEは顧客エンゲージメントを強化するためのシステム、SoIはデータの分析を通して洞察(インサイト)を得るためのシステムになる。SoE/SoIは、国内における生産年齢人口減少の影響をSoRほどは受けない見込みだ。さまざまなデータを総合的に分析し、新たな洞察を得ようとすることで新たな需要が生じるからだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング