GRCS、セキュリティ製品の運用・監視支援サービス「次世代型MSS」を提供開始

EnterpriseZine / 2019年6月13日 14時0分

サービス提供イメージ

 GRCSは、次世代型セキュリティ製品の運用・監視を支援する「次世代型MSS(マネージドセキュリティサービス)」の提供を開始すると発表した。

 次世代アンチウイルスとEDRを一本化したエンドポイントセキュリティ製品であるCarbon Black社の「CB Defense」の運用を、GRCSのマルチテナント型インシデント管理ツール「CSIRT MT.mss」を活用して管理することで、企業の運用負荷を最大限軽減し効率的なセキュリティ対策実現を支援するという。

 このサービスは、巧妙化する攻撃手法に対応する次世代型のセキュリティ製品の運用・監視を24時間365日実施するマネージドセキュリティサービスになる。インシデントのアラートをGRCSのSOC(Security Operation Center)で受信し、専門知識を持つアナリストによる解析結果を報告する。

 また、エンドポイントの隔離やマルウェア除去などの脅威除去支援、再発防止施策支援により、脅威侵入後の対応もサポートする。

「次世代型MSS」の特徴

 セキュリティ製品における防御・検知アラート発生から、初期対応、恒久対応までのセキュリティインシデント管理を実施することにより、インシデント状況や脅威状況の可視化、対応漏れを防ぐ。

24時間365日リアルタイム監視
初期対応に必要な情報(速報)はアラート受信後60分以内に発報
高度な専門知識と業務経験を有するアナリストによる解析・対応支援
脅威ハンティングによりプロアクティブなリスク対応が可能

サービス提供イメージ

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
NTT Com、FortiGateのPCAPデータを活用したセキュリティ高度分析サービスを提供開始
GRCS、MSS事業者・社内SOC向けのマルチテナント型インシデント管理ツール「CSIRT MT.mss」を提供開始
ラック、「JSOC マネージド・セキュリティ・サービス」にサイバー保険を付帯したパッケージ商品を提供
リコージャパンとソフォス、小規模事業所のセキュリティ対策をワンストップで提供するマネージドサービスを発表
ラック、サイバー攻撃の脅威に向けアカマイのソリューションへマネージドセキュリティサービスを提供

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング