事業者データセンターの新設/増設投資は2019年に増加した後、2020年は反動で減少へ――IDCが投資予測

EnterpriseZine / 2019年6月18日 16時30分

参考資料:国内事業者データセンター新設/増設投資予測、2018年~2023年(作成:IDC Japan)

 IDC Japanは、国内データセンター(DC)事業者のデータセンター投資予測を発表した。これは、DC建物/電気設備/空調設備などの新設および増設にかかる投資額を調査したものになる。

2019年の国内事業者DC新設/増設投資は1,245億円で前年比34.7%増の見込み

 発表によると、事業者データセンターの新設および増設投資は2019年に増加した後、2020年はその反動により減少に転じる見込みであることがわかった。

 国内事業者データセンターの新設および増設投資は、拡大と縮小のサイクルを繰り返す。2019年は、2018年に引き続き拡大期にあたるため、投資額は前年比34.7%増の1,245億円となる見込みだ。

 2020年になると、関東地方を中心に大規模センター新設があるものの、2019年からの反動で新設投資は減少し、新設/増設投資は前年比19.4%減の1,003億円になるものとみられる。

 その後も事業者データセンターの新設/増設投資を繰り返すものの、クラウド向け大規模ファシリティの建設需要が投資拡大要因となり、2023年の新設投資額は1,412億円の規模を維持すると、IDCでは予測している。

高成長のクラウド向けファシリティは建設/運用に低コストとスピードが求められる

 国内の建設価格は上昇傾向にあるが、クラウドサービスを中心としてデータセンターサービス市場は高い成長率となっており、データセンター建設投資を手控える動きはない。ただし、クラウド向けファシリティには、建設/運用が低コストでスピーディーであることが求められている。

 「クラウド向け需要に対応するために、モジュール型構造などの新しい設計モデルが重要になる」と、IDC Japan ITサービス リサーチマネージャーの伊藤未明氏は分析している。
参考資料:国内事業者データセンター新設/増設投資予測、2018年~2023年(作成:IDC Japan)

 今回の発表はIDCが発行した「国内データセンターファシリティ市場予測、2019年~2023年」にその詳細が報告されている。レポートでは、事業者データセンターだけでなく、企業内データセンター(金融機関、官公庁、製造業、サービス業などの一般企業の社内サーバールームなど)についても、調査結果がまとめられている。

 レポートには、データセンター新設/増設のための投資のほかに、既存データセンターファシリティの保守/更新のための支出についても予測データが掲載されいる。さらに、投資額を、電気設備、空調設備、建築物などに細分化したデータも掲載されている。

EnterpriseZine編集部[著]

【関連記事】
国内DevOpsソフトウェア市場、2018年~2023年の年間平均成長率は15.9%、2023年には642億円に――IDC予測
企業のデータ管理、退職者のアクセス権やファイル共有など管理が不十分な実態――Kasperskyがグローバル意識調査
ブロックチェーン・プロジェクトには回避すべき7つの落とし穴がある――ガートナー発表
2019年に顕著となるサイバー犯罪トレンド、想定される3つの犯罪傾向――RSAが年次レポートを発表
国内SD-WAN市場、2018年~2023年の年間平均成長率79.5%で市場規模は2018年の18倍以上に――IDC予測

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング