なぜ、これほどRPAが期待されているのか?――はじめてのRPA導入《前編》

EnterpriseZine / 2019年6月27日 6時0分

 最近、IT業界以外の人にも急速に広がっている言葉に「RPA」があります。大手企業の人員削減というニュースと合わせて取り上げられることも多く、とても注目されていることがわかります。これまでもシステム化による人員削減などが進められていたにも関わらず、RPAの導入による効果がなぜこれほど期待されているのか、その概要を今後の発展も踏まえて解説します。

■RPAとこれまでの自動化との違い

 RPAはRobotic Process Automationの略で、「ロボットによる処理の自動化」と訳されます。ロボットと言っても、これまでのロボットのように物理的な実体が現れるわけではなく、コンピュータの中で動作するソフトウェアです。人間がこれまで手作業で行っていた作業をソフトウェアが自動的に処理することで、事務作業などを効率化することが目的です。

 これまでにも事務作業を自動化する仕組みはいくつかありました。例えば、見積や契約、請求、在庫などを管理するシステムは多く存在し、まったく使っていないという企業はほとんどないでしょう。また、Excelなどのソフトウェアが備えるマクロ機能を使って、日々の業務の効率化を考えている人も少なくありません。

 そのほかにも、自動化を実現する方法として表のようなものがあります。


図表:自動化を実現する方法 [画像クリックで拡大表示]

 しかし、システム開発にはプログラミングが必要なため、新たな機能を追加したい、既存の機能を修正したい、と思っても開発者に依頼する必要があり、すぐには実現できませんでした。Excelのマクロ機能では、Excelの中での処理は簡単に記録でき、すぐに自動化できますが、Excel以外のプログラムを操作するにはプログラミングの知識が必要でした。

 ここに登場したのがRPAツールです。RPAツールはマウスやキー操作を自動的に記録するなどの方法により、定型的な作業を誰でも簡単に自動化できます。Excelだけでなく、Webブラウザや業務アプリなど、複数のアプリケーションを連携して操作できるため、これまで以上に自由度が高まります。新たな機能の追加や、既存の機能の修正が必要な場合でも、事務担当者が自分で修正できるというメリットもあります。

増井 敏克[著]

【関連記事】
コニカミノルタがデータサイエンスの取り組みで目指す「いい時間設計」
「とりあえずやってみよう」と考えるのは早計――はじめてのRPA導入《後編》
ニチレイロジグループ、18万時間の業務のRPA化目指し、スタディストの「Teachme Biz」導入
イージェーワークスとデジタルハーツ、AI-OCRサービスとRPAツール「WinActor」のサポートプランを提供
リックソフト、業務プロセス自動化を実現するインテリジェント・オートメーションツール「Workato」の取扱いを発表

■記事全文へ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング